facebook twitter
ユナイテッド・カンパニー・ルサール(UCルサール)
Bank of China int.
中国銘柄レポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、当社の取扱銘柄を中心とした「企業レポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており、会社・…

ユナイテッド・カンパニー・ルサール(UCルサール)

2010/5/17
2010年1-3月期は黒字転換、アルミ価格の上昇と生産再開で今後の業績に期待
facebook twitter メールで送る 印刷

2010年1-3月期は黒字転換、アルミ価格の上昇と生産再開で今後の業績に期待

現地コード 銘柄名 株価 情報種類
00486 ユナイテッド・カンパニー・ルサール(UCルサール)  8.31 HKD
(05/17現在)
 株価
 企業情報
 チャート

UCルサールが発表した2010年1-3月期決算は純利益が2億4700万米ドル(国際会計基準)となり、前年同期の6億3800万米ドルの赤字から黒字転換を果たした。売上高は前年同期比31%増の23億3100万米ドル。減産の影響で生産量は同4%減の97万3000トンだったものの、アルミ価格の上昇により増収となった。同期の純利益はBOCIの通年予想12億6100万米ドルの20%、マーケットコンセンサス(16億7800万米ドル)の15%に相当し、BOCIの予想に即したもの。今後の一部設備の生産再開を見込み、BOCIは2010-12年の予想値を据え置いている。

1-3月期にはロンドン金属取引所(LME)の1トン当たりのアルミ価格が前年同期比59%高の2163米ドル、アルミナのFOB価格は同72%高の327米ドルと大幅に上昇。減産による販売量の低下により恩恵の一部は相殺されたものの、金属相場の上昇が増収要因となった。BOCIは1-3月期の売上比率について、アルミニウムおよび合金が83%、アルミナが4%だったと推測している。同期は31%の増収に対し、売上原価が3%減の15億6600万米ドルにとどまった。売上原価の51.3%がアルミナ、ボーキサイト、およびその他の原料費で、29%が燃料費となっている。コスト減により粗利益率は前年同期の9.5%から32.8%に上昇。営業利益率、純利益率はそれぞれマイナスから15.7%、10.6%に改善した。関連会社からの利益貢献2億6300万米ドルも奏功した。

同社は2010年のアルミニウムおよびアルミナの生産量をそれぞれ410万トン、810万トンとしている。同社は今年に入り、生産を停止していた工場の操業再開を相次いで発表しており、4-6月期も好調が期待される。先ごろジャマイカのイワートンのアルミナ工場(年産能力65万トン)の操業を6月1日から開始することを明らかにした。

1-3月期のEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)は4億8500万米ドルとなり、前年同期の損失から黒字転換。アルミ価格が1トン当たり2200米ドルを維持した場合、2010年のEBITDAは20億米ドルに達する見通しで、キャッシュフローの改善と債務返済が進むと期待される。同社は1月の新規株式公開(IPO)で22億4000万米ドルを調達。計画を前倒しして債務を返済し、残高を2009年末の139億米ドルから120億米ドルに減らした。債務リストラ契約に基づき2013年までに30億米ドルを返済する必要があるが、業績見通しが好調なため計画どおりの支払いが可能とBOCIはみている。

石炭価格の上昇や電力価格の引き上げにより、中国のアルミ生産コストは上昇する傾向にある。ただ、生産を石炭火力に頼る多くの国内生産者に対し、より安価で安定した水力発電を利用するUCルサールの競争力は増すとみられる。同社の株価は現在2010年予想PER12.8倍と競合他社の平均PER18.2倍に比べて割安。BOCIは株価の先行きを強気の見方に据え置いている。

 

 

 

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいユナイテッド・カンパニー・ルサール(UCルサール)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ユナイテッド・カンパニー・ルサール(UCルサール)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。