お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
聯想集団(レノボ・グループ)
Bank of China int.
中国銘柄レポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、当社の取扱銘柄を中心とした「企業レポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており、会社・…

聯想集団(レノボ・グループ)

2009/11/30
レノボモバイルを2億米ドルで買戻し、携帯電話端末事業に再参入
facebook twitter 印刷する

レノボモバイルを2億米ドルで買戻し、携帯電話端末事業に再参入

現地コード 銘柄名 株価 情報種類
00992 聯想集団(レノボ・グループ) 4.27 HKD
(11/30現在)
 株価
 企業情報
 チャート

レノボ・グループはこのほど、聯想移動通信科技有限公司(レノボモバイル)を2億米ドルで買い戻すと発表した。買収代金のうち1億5400万米ドルは現金で、残り4億6000万米ドルは新株8090万株を割り当てる形で支払う。レノボは2008年に携帯電話端末製造部門のレノボモバイルを1億米ドルで売却していた。市場調査会社のSINOによると、レノボモバイルは09年5月に携帯端末製造で国内1位に浮上。同8月にはノキア、サムソンに次いで世界3位となった。現在、中国全土で1万近い小売店舗を展開している。また、業績も改善しており、07年の3400万米ドルの赤字から08年には税引き前利益500万米ドルを計上し、黒字転換を果たした。09年上期の税引き前利益は600万米ドルに上る。BOCIは、今回の買収がレノボの10年度利益を約13%引き上げる効果があると試算している。

現状ではレノボモバイルの売上高に占めるマスマーケット向けの携帯電話の割合が高いものの、今後はインターネット機能を強化した端末を順次発売することにレノボ経営陣は期待している。中国の3G市場は初期段階にあり、長期的な成長余地が見込まれている。08年の3G端末の販売台数は推定540万台と、世界シェアは3%だが、年平均で100%近い成長が見込まれ、2012年までに9280万台、シェア42%に達すると予想される。3G市場の規模は、2G・2.5Gの120億米ドルに対し、2012年には167億米ドルに拡大する見通し。BOCIはレノボの再参入が格好のタイミングだったと判断している。

3Gネットワークはパソコンとモバイル端末の融合という新たな市場を創出。デルやエイサーなど主要パソコンメーカーがスマートフォンを発売する一方、携帯電話最大手のノキアもネットブック市場に参入した。レノボもモバイル部門の買収によりモバイルインターネット市場への参戦を果たすこととなる。

一方、通信会社の3G端末への補助金もレノボモバイルの成長を後押しする見通し。チャイナモバイル(00941)は今年100億元を端末補助金に充てる方針を明らかにしており、2010年にはこれを300億元に拡大する計画。レノボはチャイナモバイルのOphoneをベースにした携帯電話「O1」を製造しており、補助金の恩恵を受けている。

レノボは、自社のスマートフォン用の独自OS開発に意欲を示しているが、BOCIはこれを注視。一般的に、ニッチ市場をターゲットするアップルのiPhoneとRIMのBlackberryを除き、携帯端末メーカーは独自OS開発には乗り出していない。ノキアが買収したSymbianには大手メーカー10社が出資している。レノボの独自OS戦略は、長期的にはチャイナモバイルのOphoneと対立が生じる可能性があるほか、世界シェアが限られたプラットフォームへのアプリケーション開発は進まないことが予想され、マスマーケットへの普及には時間がかかるとBOCIはみている。

 

 

 

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください聯想集団(レノボ・グループ)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

聯想集団(レノボ・グループ)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。