facebook twitter
ロシアゲートに押される-トランプ弾劾に現実味?(香川睦)
香川 睦
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

ロシアゲートに押される-トランプ弾劾に現実味?(香川睦)

2017/5/19

執筆:香川睦

今日のポイント

  • トランプ政権を揺るがす「ロシアゲート疑惑」で税制改革を含む米景気対策期待が急後退。米長期金利の低下とリスク回避の円買いで、ドル円と日本株式は今週下落した。
  • 「大統領の弾劾シナリオ」が現実味を帯びてきた。FBI、メディア、ワシントンなど「敵」が増えるばかりの政治的混迷が続きそう。「ペンス副大統領の昇格」で市場は安定化か。
  • 日経平均ベースの予想EPSは1,300円を超える最高益に拡大。予想PER別の株価シナリオで試算する日経平均の下値目途は1万9千円割れも、上値目途は2万2千円超を維持。

(1)ロシアゲートを不安視したリスク回避が重石

米国でトランプ大統領の政権運営を巡る不安が募り、米長期金利の低下とリスクオフ(回避)でドル円は下落(円が上昇)。日経平均は2万円の大台を目前に反落しました。トランプ大統領によるコミーFBI(連邦捜査局)長官の電撃的解任、ロシア高官への情報漏えい疑惑、米景気指標の減速感などが市場の重石となっています。なお、ブックメーカー(賭けサイト)のプレディクトイット (Predictit)によると、「トランプ大統領が2018年末までにホワイトハウスに残っていない確率(オッズ=掛け率)」は42%に上昇しています(17日時点)。「ロシアゲート疑惑」とも言われはじめた米国政治を巡る不透明感は、税制改革を含む景気対策への期待や実現性を後退させており、日米市場の「恐怖指数」は再上昇しています(図表1)。

図表1:日米株式と「恐怖指数」の推移

(注:「恐怖指数」=オプション市場で算出されるボラティリティ指数=投資家の先行き警戒感を示す)
(出所: Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(5月18日))

(2)トランプ大統領の「弾劾・辞任」はあるか?

米・政治制度における「大統領の弾劾」は憲法で認められた制度で、違法行為で大統領個人の責任を問うものです。手続きとしては、(1)下院が「検察役」となり弾劾訴追を決議、(2)下院の過半数が賛成すれば「弾劾相当」と認定、(3)その後、上院が「裁判官役」となり、3分の2が弾劾に賛成すると、大統領は「罷免(辞任)」に追い込まれます。トランプ大統領は就任前から、メディア、情報機関(FBIやCIA)、ワシントン筋(既存の政治家)を批判する発言を連発してきた経緯があります。「ロシアゲート」で、大統領の違法性が明らかとなれば、辞任に追い込もうとする勢力は多いとされています。「大統領の法律違反発覚→議会での弾劾(辞任)」が現実化する場合、ニクソン大統領(1974年)以来約43年振りとなります。とは言っても、こうしたプロセスには相当長期の議会審議が必要となるため、市場の不透明感が長引く可能性もあります。1972年6月に発覚した「ウォーターゲート事件」(首都ワシントンDCの「ウォーターゲート・ビル」にある民主党全国委員会本部に盗聴が仕掛けられた事件)では、ニクソン大統領の関与と「もみ消し工作」に疑惑が深まりましたが、結果として下院司法委員会が弾劾を可決し、同大統領が自ら辞任したのは1974年8月でした。

図表2:ドル円、米長期金利、為替のリスクリバーサル

(注:ドル円のリスクリバーサル指標=ドル円の先行き警戒感が強まると低下、警戒感が緩和すると上昇する)
(出所: Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(5月17日))

昨年11月の選挙で大統領府と議会の大勢(上下両院の過半数)を得た共和党にとり、「独善的大統領の辞任」は中間選挙(18年秋)を視野に入れると痛手ではないかもしれません。大統領継承順位1位のマイク・ペンス副大統領(元インディアナ州知事・下院議員)は、共和党保守派や議会と太いパイプがあり温和な政治家と評判です。現職大統領が辞任する場合でも、政策が「景気重視(プログロース)で産業界重視(プロビジネス)」とされる共和党が政権を担い続ける状況は変わりありません。株式市場や為替相場の混乱は一時的で、大統領交代が「悪材料出尽くし」や買い戻しに繋がる可能性もあると考えられます。

(3)業績見通し改善で日経平均の下値は限定的か

内閣府が18日に発表した2017年1-3月期のGDP(国内総生産)速報値では、実質成長率(前期比年率)が+2.2%と発表され、市場予想(+1.8%)を上回りました。5四半期連続のプラス成長となり、リーマン・ショック前(2005年1Qから06年2Q)以来約11年ぶりの連続プラス成長を記録。世界景気の回復を背景とした外需(輸出)拡大に個人消費の持ち直しが加わりました。内外景気が改善するに伴い、国内企業の業績予想も改善傾向を鮮明にしています。日経平均をベースにした予想EPS(1株当り利益)は1,300円を突破(1,316円/5月12日時点)。図表3は、「日経平均の予想PER別株価レンジ(予想EPS×想定PER)」が足元で急速に切り上がっている状況を示しています。こうしたなか、18日の株価下落で、足元の予想PER(株価収益率)は14.9倍と15倍を割り込みました。

図表3:日経平均と予想PER別株価レンジの推移

(注:「予想PER(株価収益率)別レンジ」=想定PER×予想EPS(1株当り利益、予想EPSは市場予想平均)
(出所: Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2017年5月18日)

アベノミクス相場(2013年以降)における日経平均の予想PERは「算術平均±1σ(標準偏差)」が14.0倍から17.4倍(生起確率は7割弱)で推移してきました。予想PERレンジを「14倍~17倍」と想定し、予想EPSと掛け合わせると、「日経平均の予想PER別株価レンジ」は「18,424円~22,372円」と計算出来ます。今後、コミー前FBI長官の議会発言(報道では5月24日予定)など「ロシアゲート」疑惑の進展、PERに影響を与えやすい為替の動向、業績見通しなどを見極める必要があります。ただ、過度の不安が後退するに連れ、上記した「業績の改善を加味した割安感」で、株価は早晩落ち着きを取り戻すと見込んでいます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいロシアゲートに押される-トランプ弾劾に現実味?(香川睦)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ロシアゲートに押される-トランプ弾劾に現実味?(香川睦)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。