お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
「持てる国」と「持たざる国」
ハッサク
ハッサクのなるほど為替超入門
毎週水曜日に新着公開。為替ディーリング歴22年のベテランが、「円高とは?」「外国為替とは?」など為替の基礎知識から、リアルマーケットの分析に至るまで、投資入門者にもわかりやすく解…

「持てる国」と「持たざる国」

2015/8/19
経済の成長(GDPの増大)とともに金融、株式、為替市場も拡大していくため、先進国だけではなく、新興国の株や債券、通貨も投資の対象になってきているというお話をしました。
facebook twitter メールで送る 印刷

「持てる国」と「持たざる国」

中東の複雑な関係を理解するためには、イスラエル対アラブという民族紛争の構図、イスラム教のスンニ派対シーア派という宗派戦争という構図、そして神の恵みとして埋蔵された石油の持てる国と持たざる国という区分けで見ることが役立ちます。

中東は世界の国々の中では石油の「持てる国」です。

  • 埋蔵量は世界の48%  中南米 19% 北米 14% 欧州・ユーラシア9%、アフリカ8%
  • 生産量は世界の33%  欧州・ユーラシア 20%。北米 19% アフリカ 10%
  • 生産量の90%以上を輸出
  • 世界の石油輸出量の約70%が中東産
    → 日本は石油の80%が中東産

このように中東は埋蔵量も生産量も豊富で、生産の90%を輸出することによって巨額の石油収入、いわゆるオイルマネーが入ってくる構造になっています。また、他の生産地域と異なるのは、埋蔵量が豊富であり、埋蔵量の世界シェアよりも生産量の世界シェアの方が少ない点です。このことは、中東は他の地域と比べて将来の石油生産を維持又は拡大できる潜在力を持っているということになります。中南米も埋蔵量シェア19%に対し、現在の生産量シェアは8%であり、生産力の将来性があると言えそうです。このように中東は石油だけでなく、天然ガスも豊富であり、世界の中では天然資源に恵まれた「持てる国」ということになります。

「持てる国」を地域別ではなく、国別でみると下表の通りとなります。1日の石油生産量ランキングです。サウジアラビアが堂々の1位、そして1000万バーレルを超えているのはロシアと米国の3カ国だけです。サウジアラビアは石油生産の面では超大国になります。4位以下は1000万バーレルの半分以下となりかなり差がついいています。10位中、5ヵ国を中東が占めており、10位の中でのシェアは44%になります。

国別原油生産量ランキング(2013年)

順位 国名 生産量(バレル/日)
1 サウジアラビア 1,153万
2 ロシア 1,079万
3 アメリカ合衆国(米国) 1,000万
4 中華人民共和国(中国) 418万
5 カナダ 395万
6 アラブ首長国連邦(UAE) 365万
7 イラン 356万
8 イラク 314万
9 クウェート 313万
10 メキシコ 288万
  日本 1.2万

中東の中の「持てる国」と「持たざる国」

上記の生産量ランキングで示されたように、中東の中でも天然資源の豊富な国と乏しい国とがあります。区分けをすると以下の通りということになります。中東地域の国の数は外務省HPによると、15カ国(加えてパレスチナ自治政府)になります。左の白地図をみながら、右側の国名をチェックして見て下さい。

・「持てる国」
サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、
イラン、イラク、クウェート、カタール、オマーン
バーレーン(石油精製、金融センター)、
イエメン、シリア

・「持たざる国」
アフガニスタン(農業)、トルコ、イスラエル、
ヨルダン、レバノン、パレスチナ自治政府

 

埋蔵量が豊富な国、あるいは石油精製産業に依存している国は、天然資源の依存度が高いため、財政が天然資源の価格に左右されるという欠点があります。石油価格が高値圏にある時は財政収支が潤い経済も順調ですが、石油価格が低下してくると、一気に財政が悪化するリスクが内在しています(輸出の原油比率はサウジが80%、イランが65%、イラクが99%、クウェートが57%、と高い)。そのため、産油国は脱石油依存経済を目指し、経済の多角化を図っています。

そういう点では、もともと天然資源が乏しい国では、経済の自立心が強く、石油などの天然資源に頼らない国づくりを目指しているため、ある意味では産油国よりも足腰が強いかもしれません。

アフガニスタンは農業が中心産業であり、トルコは、観光業、機械部品・自動車・衣類などの輸出が多く、イスラエル(医療・光学機器、ダイヤモンド加工、金融サービス)、ヨルダン(衣類などの製造業や野菜、果実を輸出)、レバノン(金融、観光業)と多様な経済活動を展開しています。

中東地域の人口や国土面積、GDPの金額、成長率、1人当たりのGDPランキングを下表で示しています。やはり産油国が上位にいますが、「持たざる国」の中でもトルコやイスラエルは健闘しているようです(トルコのGDP成長率4.1%で8位、1人当たりGDPも8位の10,972ドル。イスラエルの成長率は3.2%の10位)。

このように中東は石油一辺倒の地域だけではなく、多様性があるということがわかります。

1人当たりGDPランキング(2013年)

順位 国土面積
(万㎢)
人口
(万人)
GDP
(億ドル 2013)
GDP成長率
(% 2013)
1人当たりGDP
(ドル2013)
1 サウジ215 エジプト8,471 トルコ8,221 クウェート8.3 カタール93,714
2 イラン163 イラン7,948 サウジ7,484 カタール6.3 クウェート52,197
3 エジプト100 トルコ7,669 UAE4,023 オマーン5.8 UAE43,049
4 トルコ77 イラク3,577 イラン3,689 バーレーン5.3 イスラエル 36,051
5 イエメン53 サウジ2,990 イスラエル2,906 UAE5.2 サウジ25,962

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください「持てる国」と「持たざる国」

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

「持てる国」と「持たざる国」

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。