お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
米国GDPと米国雇用統計
ハッサク
ハッサクのなるほど為替超入門
為替ディーリング歴22年。現役時代は行内で為替業務を社員に教示するなど、為替のイロハを熟知。「お金は、戦後最大の成長産業」と言い切るハッサク。「新聞などの身近な情報で為替分析」が…

米国GDPと米国雇用統計

2014/9/17
前回、米国成長率(GDP)のお話をしましたが、米国成長率と同じように重要な米国雇用統計についてまとめてみます。非常に重要なので確認してください。
facebook twitter 印刷する

前回、米国成長率(GDP)のお話をしましたが、米国成長率と同じように重要な米国雇用統計についてまとめてみます。非常に重要なので確認してください。

米国雇用統計

米国労働省労働統計局が毎月1回、第一金曜日に発表(第二金曜日の時もたまにあり)。米国時間午前8時30分、日本時間では午後9時30分(冬時間:午後10時30分)に発表されます。重要数字は、以下になります。

失業率

2014年9月現在6.3%。FRBが現在最も重視している指標です。金融政策に影響を与える重要な指標です。FRBは金融緩和から引き締めに転じるポイントとして失業率に着目しています。現在、注目されている金融緩和縮小は緩和の縮小であって緩和は継続しています。引き締めとは、その後にくる段階で緩和をやめる一大政策転換になります。雇用が毎月増え続け、失業率が低下(改善)し、金融緩和が縮小され、そして引き締めに転じることになります。また、金融緩和縮小の決定でドル高になっても、連続して縮小がなければ、縮小した状態で緩和継続が続くとマーケットは判断し、ドル高から再びドル安になる可能性はあります。このことは留意しておく必要があります。

非農業部門雇用者数( Non-Farm Payrolls 略称NFP )

米国雇用統計の数字の中で失業率は、以上のように金融政策に影響を与える重要な指標ですが、NFPは毎月の中でマーッケトが注目し、相場が大きく動きやすい最大注目数字です。マーケットは前月比の雇用が増加するかどうかを注目しています。一般的に20万人増加が3ヶ月続くというのが、緩和縮小や引き締めの目安になります。しかし、注意しないといけない点は、前月や前々月の数字が毎月修正されることです。もし、過去2ヶ月分が下方修正されると、翌月発表の数字が良く、ドル高になっても過去の分が下方修正されるとドル安に反転するものと考えられます。

労働参加率

62.8%。労働者が労働市場に参加している率ですが、現在低下傾向にあります。失業率が低下する要因のひとつに、失業者が就業困難なため労働市場に応募するのをあきらめた結果、失業者の数字が減少することによって失業率が下がるというのがあります。従って、雇用者の伸びが鈍いにもかかわらず、失業率が低下している時は、手放しでは喜べないため注意する必要があります。

時給

あまり注目されませんが、時給の伸びが鈍いと、雇用が増えても労働者全体の総所

得の伸びが鈍くなり、消費増に結びつかない可能性があります。頭の片隅に置いておくだけでいいと思いますが、知っておいて損はないと思います。見ている人は見ています。

雇用増 → 失業率低下 → 時給増 → 所得の増加 → 消費の増加 → 成長率増加

また、こちらも為替の変動要因のファンダメンタルズである物価指数についてお話します。

物価指数

物価指数は、消費者物価指数と卸売物価指数が代表指数ですが、マーケットによく注目されるのは消費者物価指数です( Consumer Price Index 略称CPI )。

基本的に、為替の変動と物価の関係は以下の通りです。ドルの例で見ます。

  • 物価上昇 → 金利上昇 ・金融引締め → ドル高
  • 物価下落 → 金利下落 ・金融緩和 → ドル安
  • 物価上昇中の2国の通貨 → 物価上昇の大きい通貨が高くなる

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください米国GDPと米国雇用統計

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

米国GDPと米国雇用統計

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。