お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
【初心者向けコラム】株価に影響を与える「実需」と「仮需」の違いを知ろう
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

【初心者向けコラム】株価に影響を与える「実需」と「仮需」の違いを知ろう

2013/8/29
株式投資を始めたばかりの個人投資家の方は、株価が「業績」で決まると思っている方も多いのではないでしょうか。つまり、業績の良い会社の株価は上昇し、業績の悪い会社の株価は下落する、というものです。
facebook twitter 印刷する

株価は「業績」ではなく「需給」で決まる

株式投資を始めたばかりの個人投資家の方は、株価が「業績」で決まると思っている方も多いのではないでしょうか。つまり、業績の良い会社の株価は上昇し、業績の悪い会社の株価は下落する、というものです。でも、それは半分正解、半分不正解です。

世の中値段のつくものは、すべて需要と供給の力関係で成り立ちます。買いたい人(需要)が多ければ値段は上がりますし、逆に売りたい人(供給)が多ければ値段は下がります。

ただ、株式の場合は、値段(株価)がある程度業績とリンクします。その結果、好業績の会社の株は多くの投資家が欲しがるために株価が上昇し、業績の良くない会社の株は投資家から敬遠されるため株価が下落するのです。

ですから、金融不安など株式市場にとって大きなマイナスとなる出来事が起こり、「株式など危なっかしくて持っていられない」、と多くの投資家が思えば、いくら業績がよい会社の株でも株価が上がるどころか逆に下がってしまうこともあります。

需要には2種類ある

株式市場において、需要には大きく分けて2種類あります。それは「実需(じつじゅ)」と「仮需(かりじゅ)」です。

実需は、その株が欲しい、長期間持っていたいという理由からの需要です。長期保有目的での買いや、企業支配目的での株の買い集め、企業間の株の持ち合いなどは実需によるものです。そして、実需は基本的に「買ったら長期間持ち続ける」という傾向があります。

一方、仮需は、価格の変動により利益を得るための手段としてその株を買う、というものです。ですから別にその株がどうしても欲しい、というのではなく、極論をすれば株でなくとも為替でも債券でも商品先物でも、利益が得られそうなものであれば何でもよいのです。そして、仮需は「保有する期間が実需よりもかなり短い」という特徴があります。

個人投資家の株式売買でいえば、現物取引が「実需」、信用取引が「仮需」に該当します。

個人投資家がフォローしておきたい2つの「仮需」

仮需の中でも最も株式市場に与える影響が大きいのが「裁定買い」と「信用買い」です。どちらも、比較的短期間で反対売買による決済が行われるため、将来の売り圧力となります。

「裁定買い」は、いわゆるサヤ取りのことで、先物が現物株より割高になったとき、現物株を買い、先物を売ることをいいます。裁定買いが行われた後、先物が割高である状態が解消されると、利益確定のため現物株を売って先物を買い戻す「裁定解消売り」が行われます。株価が下落する局面ではこの裁定解消売りが生じやすくなり、これが株価下落に拍車をかけます。

「信用買い」は、主に個人投資家が信用取引を使って株を買うことです。信用取引を分かりやすく言えば、証券会社からお金を借りて株取引をすることです。信用取引には期日があり、原則6カ月以内に反対売買で決済しなければなりません。特に株価が下落して含み損が膨らんでくると、それ以上の損失拡大を防ごうと信用買いの返済売りが集中し、これも株価下落に拍車をかける要因の1つです。

「信用買い」や「裁定買い」が積みあがると、将来の反対売買によって短期的に株価が大きく下がる恐れがあります。ただし、反対売買による売り圧力を吸収できるだけの実需買いがあれば別です。株価の長期上昇局面では、裁定買いや信用買いが積みあがっても株価が大きく下がらないことが多いのは、そうした理由によるものと考えられます。

5月23日に起こった株価急落の際は、信用買い残高や裁定買い残高が大きく積みあがっていました。また、過去の株価の値動きをみても、信用買い残高や裁定買い残高が積みあがると、その後株価が大きく下落することが良く起こります。信用買い残高や裁定買い残高の動向はぜひフォローしておきましょう。

長期のトレンドが下降トレンドに転換したら実需売りを警戒

仮需は比較的短期間のうちに反対売買をして決済する必要がありますので、仮需が株価に影響を与える期間はそれほど長くありません。そのため、仮需は日足チャートや週足チャート(特に前者)に大きな影響を与えます。

一方、実需は基本的に長期間保有する目的で株を買うので、その株価への影響は長期間に及びます。よって、実需は月足チャートに大きな影響を与えます。

もう少し分かりやすく言えば、例えば昨年11月以降のアベノミクス相場では外国人が10兆円以上買い越していますが、このように実需の買いが続いているようなときには、月足チャートは上昇トレンドが続きます。その中で、仮需の影響により、5月下旬以降の急落時のように、週足チャートや日足チャートでは一時的に下降トレンドになることがあります。

注意すべきは、足元で下落が起きたときです。それが仮需によるものなのか、実需によるものなのか、その時点ではまだ分かりません。ただ、実需は長期の株価に影響を及ぼしますから、例えばそれまで月足チャートでみて上昇トレンドだったものが、下降トレンドに転じたならば、実需の買いが弱まり、逆に実需の売りが増えてきたサインと考えて、十分に警戒すべきといえます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください【初心者向けコラム】株価に影響を与える「実需」と「仮需」の違いを知ろう

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

【初心者向けコラム】株価に影響を与える「実需」と「仮需」の違いを知ろう

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。