facebook twitter
理論的には株価に中立なのに実際はプラスに作用する「株式分割」とは?
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

理論的には株価に中立なのに実際はプラスに作用する「株式分割」とは?

2011/10/13
資産運用に精通した公認会計士として活躍している、足立武志氏による「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

最近、株式分割を実施する企業をよくみかけます。定期的に株価をウォッチしている銘柄が株式分割を行うことを知らずにいると、ある日突然株価が暴落したように見えてしまい、一瞬びっくりしたりするものです。

今回のコラムは、この株式分割について、株価に対してどのような影響があるのか、そして私たち個人投資家にとってプラスになる点は何か、といった観点から考えてみたいと思います。

株式分割はまさに株式を「細かく分割」すること

株式分割とはその名のとおり、株式を細かく分割することをいいます。例えば「1対2の株式分割」ならば1株を2株に分割することを意味します。「1対1.2の株式分割」であれば1株を1.2株に分割する意味です。

理論的には、株式分割をすると、分割の割合に応じて株価が下がります。「1対2の株式分割」なら株価は分割前の2分の1、「1対100の株式分割」なら株価は100分の1になります。

なぜ株価が下がるのか、それは「株価×株式数=企業価値(時価総額)」ととらえると理解できます。

株式分割は単に株式を細かく分けるだけなので企業価値には何ら影響を与えません。したがって、企業価値を表す「株価×株式数」の金額は株式分割の前後で不変です。その一方で、株式分割により株式数が増えますから、株式分割の前後で「株価×株式数」が不変ならば、株価が下がらざるをえないのです。

株式分割で株価は下がるが損をするわけではない

しかし、株式分割によって株価が下がったからと言って、株主が損をするわけではありませんので安心してください。

例えば1株を2株にする株式分割の場合、株価は2分の1に下がりますが、一方で株主の持ち株は2倍に増えます。したがって、「株価×自身の持ち株数」でとらえれば、株式分割の前後でその金額は変わりません。1対2の株式分割前の株価が1,000円、持ち株が1,000株なら株価×自身の持ち株数は1,000×1,000=100万円、株式分割後は株価が500円になるものの、持ち株が2,000株に増えるので株価×自身の持ち株数は500×2,000=100万円でどちらも変わらないことが分かります。

株式分割にはプラスの効果も期待

むしろ、株式分割は株価にとってプラスの効果も十分に期待できます。

最たるものが流動性の向上、つまり購入に必要な資金の低下により投資家が買いやすくなり、それが新規の買い需要を誘発するという点です。例えば株価6,000円、売買単位100株の銘柄であれば、購入には最低でも6,000×100=60万円が必要になります。もしこの銘柄が1株を3株にする株式分割を行えば、株価は6,000円の3分の1の2,000円に下がりますから、2,000×100=20万円から購入可能になります。60万円必要となると手を出しづらかった投資家も、20万円で買えるとなれば新たに買ってみよう、という気持ちになることで、潜在的な買い需要を掘り起こすことにつながるのです。

また、株式分割を何度も行っている銘柄は「成長株」であることが多い点も見逃せません。株式分割を行えば株価は下がるのですから、株価が上昇するような高業績・高成長の銘柄でないと株式分割を繰り返し実行することはできません。

もちろん株式分割自体が企業価値を向上することはない点は上でご説明したとおりですが、高業績・高成長にプラスして株式分割による流動性向上効果が加わり、これが株価のさらなる押し上げ要因になっていることと思われます。

実際、理論的には株価に中立なはずの株式分割を発表するだけで、株価が大きく上昇するケースをよく見かけます。企業実態は株式分割によって何ら変わることはなくとも、需給面によるプラス効果を投資家もよく認識している表れといえるでしょう。

株式分割と正反対の「株式併合」もある

なお、株式分割とは逆の「株式併合」というものもあります。これは複数個の株式を1個にまとめることを表します。「2対1の株式併合」なら2株を1株にする併合、「10対1の株式併合」なら10株を1株にする併合を意味します。

この「株式併合」が実施されるのは、主に業績が長期間低迷しているような銘柄です。業績の低迷が続くと、株価も大きく下がってしまいます。株価が低いと、どうしても心象も悪くなってしまいがちです。そこで、株式併合を実施して、株価の引き上げを図るのです。

2株を1株にする株式併合を行えば株価は併合前の2倍、10株を1株にする株式併合なら株価は10倍に上昇します。1株50円の銘柄が10株を1株にする株式併合を行えば、株価は500円になります。株価が50円と500円とでは、投資家が受ける印象も大きく異なるはずです。

持ち株が株式併合される時に気になるのが、例えば最低売買単位1,000株の銘柄を1,000株保有していたところ、その銘柄が10株を1株にする株式併合を実行して持ち株が100株に減ってしまったような場合です。こうなると最低売買単位未満となり、取引所で売買できなくなってしまうのではないか、と心配になってしまいますが、基本的には株式併合とともに、売買単位のくくり直しもされます。最低売買単位1,000株の銘柄が10株を1株にする株式併合をすれば、おそらく最低売買単位は100株に変更されるはずです。

◆◇◆ 足立武志の連載コラムの読者100名様へプレゼント ◆◇◆

足立武志の連載コラム「知って納得! 株式投資で負けないための実践的基礎知識」は、おかげさまで100回を迎えることが出来ました。ありがとうございます。
これを記念いたしまして、先着100名様に簡単株式投資分析ツール・マーケットチェッカー2の今年12月31日までの使用権をプレゼントいたします。ご希望の方は「株式会社マーケットチェッカー」のサイトにアクセスしてください。

マーケットチェッカー2使用権プレゼントはこちらから(「株式会社マーケットチェッカー」のページに遷移します)

上記のページからマーケットチェッカー2をご利用になる場合は、アクセスキー、メール等の登録は必要ございません。
なお、遷移先の上部メニュー(「ご案内」「機能」など)から他のページに飛んだ場合は、ご自身のブラウザーの「戻る」機能でしか最初の「キャンペーンのご案内」ページに戻れませんのでご注意ください。

マーケットチェッカー2は「株式会社マーケットチェッカー」が提供するサービスです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください理論的には株価に中立なのに実際はプラスに作用する「株式分割」とは?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

理論的には株価に中立なのに実際はプラスに作用する「株式分割」とは?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。