お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
JAL問題から学ぶ個人投資家のとるべき投資行動とは
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

JAL問題から学ぶ個人投資家のとるべき投資行動とは

2010/1/21
資産運用に精通した公認会計士として活躍している、足立武志氏による「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter

目まぐるしく変わる報道内容に翻弄された株主

日本航空(JAL)の経営再建問題が連日のように報道されています。ようやく会社更生法適用による法的整理+100%減資という方針が固まり、それを受けてJAL(9205)の株価は1月12日、13日と連続ストップ安、ついに13日には株価7円と一桁にまで落ち込んでしまいました。

JALの従業員の方ももちろんですが、JAL株を保有する個人株主も、「法的整理だ」「いや、私的整理になりそうだ」とか、「100%減資にはしない」「いや、やはり100%減資だ」と目まぐるしく変わる報道内容に一喜一憂させられ、すっかり疲れ果ててしまったのではないでしょうか。

テレビのインタビューで、「法的整理の可能性が高そうだから売ろう」と答えていた個人投資家がいましたが、その投資家が売れたのは1月13日の7円の株価だったはずです。
少なくとも、テレビ・新聞等の報道をみて「もうだめだ」と思って売りに出しても「時すでに遅し」なのです。

株価チャートは「逃げ場」を教えてくれていた

では、38万人近くいるといわれるJALの個人株主は、JALとともに沈んでしまう運命だったのでしょうか。いえ、決してそんなことはありません。少なくとも株価チャートは株主に対して「逃げ場」を教えてくれていましたし、JAL株への新規投資を検討する投資家に対しては「買い時」は来ていないことを示唆してくれました。

実際にJALのチャートを見てみましょう。
まず日足(3カ月)です。これをみると、おおむね25日移動平均線の下に株価が位置し、かつ25日移動平均線も下向きの状態が続いていることから、下降トレンドが続いています。株価自体も時々小さい反発をみせるものの、下落基調に変わりありません。明確な買い場はこの3カ月間で生じていないといえます。


(出所:株式会社マーケットチェッカー提供 マーケットチェッカー2

次に週足(1年)です。週足でも、26週移動平均線、13週移動平均線ともに下向き、かつ恒常的に13週移動平均線が26週移動平均線の下に位置しており、株価もこれらの移動平均線の下で推移していますから、明らかな下降トレンドです。


(出所:株式会社マーケットチェッカー提供 マーケットチェッカー2

最後に月足(5年)から、既存株主の「逃げ場」を探ります。月足でみると、2006年7月に197円の安値をつけていますが、2008年10月にはこの安値を割り込んで172円まで下げています。2006年7月安値を割り込んだこの時点で損切りすべきです。
なお、2008年10月以降は若干反発した後、2009年2月までの下落のときも2008年10月安値172円を守りましたので、2008年10月以降に買われた方もいたでしょう。しかし、その場合でも2009年7月に172円を割り込んだ時点で損切り・撤退すべきでした。


(出所:楽天証券 マーケットスピード)

「株主優待目的」の株保有はリスクも高い

JALの個人株主の中には、株主優待目的でJAL株に投資した人も多かったはずです。しかし、法的整理により株の価値がゼロになり、株主優待も受けられないとなれば結局は株主優待によるメリットを差し引いても大きな損が残ってしまうことになります。

破たん・上場廃止が理由でなくとも、最近株主優待を廃止する企業自体が増加傾向にあります。株主優待の魅力が高い銘柄ほど、それが廃止されたときのマイナスインパクト(株価値下がり圧力)は大きなものになります。
株主優待に対する思い入れが強すぎると、いくら株価が下がって「売った方がよい」というサインを出してくれていても、それに応じずに持ち続け、結局は株価も暴落、株主優待も廃止、というダブルパンチに遭ってしまう危険性が大いにあります。
このような状況を防ぐには、いくら株主優待目的で投資した株であっても、株価の動きを注視し、損切りを徹底することが求められます。そして、そもそも下降トレンド下では株主優待が欲しくてもその株は買わない、という姿勢が重要です。
株主優待があろうがなかろうが、下げ続けている株を買うということは非常にリスクが高い、下手をすれば大損をしてしまうということをぜひ念頭に入れて株式投資を行うようにしましょう。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

人気記事ランキングTOP
日経平均 上か下か 年末相場どっち?
初心者のためのお金の話
失敗しないための 優待株の買い方・売り方
トウシル TOP


 


 
 


 


 
 
 

 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいJAL問題から学ぶ個人投資家のとるべき投資行動とは

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

JAL問題から学ぶ個人投資家のとるべき投資行動とは

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
×

トウシル メールマガジン および SNSについて

メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。

メールマガジン サンプル

メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。