お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
【FXデイリーチャート7月30日】ECBはドイツの反対を抑え込みできるかが鍵
荒地 潤
FXデイリーチャート
楽天証券では2009年8月10日(月)より、お客様の投資判断をサポートする投資情報として、主要通貨のトレンドを分析した「FXデイリーチャート」の提供を開始いたしました。 当情報は…

【FXデイリーチャート7月30日】ECBはドイツの反対を抑え込みできるかが鍵

2012/7/30
7月27日の外為市場は、先週のドラギECB総裁の発言による、スペイン等の国債買取期待感から、スペイン、イタリアの国債利回りが低下し、世界的に株価が上昇したことを受けまして、ユーロ、豪ドルが大幅に上昇しました。
facebook twitter 印刷する

昨日の動向

7月27日 米ドル/円:[始値] 78.214 [高値] 78.671 [安値] 78.075 [終値] 78.509 ※数値はBID値です。
ユーロ/円:[始値] 96.050 [高値] 97.330 [安値] 95.637 [終値] 96.725 ※数値はBID値です。
豪ドル/円:[始値] 81.322 [高値] 82.360 [安値] 81.240 [終値] 82.264 ※数値はBID値です。

7月27日の外為市場は、先週のドラギECB総裁の発言による、スペイン等の国債買取期待感から、スペイン、イタリアの国債利回りが低下し、世界的に株価が上昇したことを受けまして、ユーロ、豪ドルが大幅に上昇しました。

東京時間は、大きなフローも無い中、上昇したクロス円の利益確定の売りが出るものの、大きな下落につながらず、動意薄の展開が続きました。

欧米時間は、ECBによるスペイン等の国債買取への期待感を受けたマーケットのセンチメント改善により、株価の上昇など、ユーロ、豪ドルが大幅に値を戻しました。しかし、ドイツによる反対姿勢により、ECBの具体策を見るまではとの見方もあり、ユーロ円は97円前半で上値を抑えられた形となりました。
米ドル/円は、米経済指標の良好さを受けまして、78円半ばまで上昇しました。

米ドル/円 1時間チャート

ユーロ/円 1時間チャート

豪ドル/円 1時間チャート

本日の展望

【米ドル/円】
本日は特段重要視する経済指標がないことから、先週末の流れを受けた相場展開となりそうです。
今週は水曜日にFOMC政策金利、金曜日に米国雇用統計が控えています。そのため本日は方向感のない値動きとなりそうです。
また政策金利は市場予想は据え置きとみており、雇用統計では前回値8万人に対し、市場予想は10万人となっています。

想定レンジ 78.00-78.80

【ユーロ/円】
先週94円を踏みとどまったことから、当面は94.10円付近がサポートラインとなり当面は上値を試す展開となりそうです。
また今週木曜日にはECB政策金利発表が予定されています。市場予想は前回値と変わらず0.75%になりそうです。

想定レンジ 95.80-97.00

【豪ドル/円】
豪ドル/円も同様に大きな材料がないことから方向感のない展開が続きそうです。また当面は欧州懸念問題を意識しつつリスクオンとなり上値を目指す展開となりそうです。ただし、豪ドル/円は82.30円付近が上値が重く、82.30円付近を抜けた際には83円ちょうど付近を目指す展開となりそうです。

想定レンジ 81.70-82.50

テクニカル

【米ドル/円】
レジスタンス:78.80 80.00
サポート:77.80 78.00

【ユーロ/円】
レジスタンス:96.80 97.30
サポート:95.50 96.00

【豪ドル/円】
レジスタンス:82.40 82.80
サポート:81.00 81.70

※ 下記各5分足チャートは、当日 10:00 現在のものです。
※ コメント欄の語句について R=上値抵抗線 S=下値支持線

チャート1:米ドル/円 5分足チャート

チャート2:ユーロ/円 5分足チャート

チャート3:豪ドル/円 5分足チャート

本日の主な指標

注目度 発表時間 指標 予想 前回
17:30 (英)消費者信用残高 4億 7億
17:30 (英)住宅ローン承認件数 4.80万件 5.11万件
18:00 (欧)消費者信頼感 -21.6 -21.6
23:30 (米)ダラス連銀製造業活動指数 2.0 5.8
  • 発表時間はいずれも東京時間
  • 注目度は★低~★★★高で示します

経済指標はこちら

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください【FXデイリーチャート7月30日】ECBはドイツの反対を抑え込みできるかが鍵

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

【FXデイリーチャート7月30日】ECBはドイツの反対を抑え込みできるかが鍵

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。