▼著者

杉浦美結
株式会社ブルクアセット

大学卒業後、証券会社で500人以上のお客様へ資産コンサルティングを経験するも結婚を機に退社、専業主婦へ。前職の経験を生かした家計簿のブログを立ち上げ、1万PV達成。もっと身近な相談相手でありたい思いから現在浜松を中心にIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)兼FPとして活動中。自分で実践して得たことをお客様にお伝えする実践型のFP。

 お買い物に行って、「あれ?先月より値上げしている?」と思う回数が増えた気がする筆者です。テレビでもたびたび取り上げられている通り、じわりじわりと物価上昇の波が来ているようです。毎月の手取りは変わらない中、必要不可欠なものが値上がりしているのを感じるのは悲しいものですね。今回は食品の値上げとその対策について解説します。

どんなものが値上がりしている?

 一般消費者の方へのアンケートでは、食用油や小麦粉と回答する方が多く見られました。実際に小売物価統計調査で確認してみると、確かに小麦粉は前年同期比15%ほど、食物油は33%上昇しており、その肌感覚は正しいようです。

 その他値上がりしている食品をピックアップすると、まぐろ、ぶり、あさりなどは2~3割程度上昇、オレンジやたまねぎなどは2~4割程度の継続的な値上がり傾向がみられました。

 なぜ今、食品の値段が上がっているのでしょうか。その原因は天候不良による不作はもちろん、コロナによる経済の停滞からの回復や、ウクライナ・ショックの影響が考えられます。

 具体的に食用油でいうと原料である菜種や大豆の不作に対し、中国が豚の飼料用に大豆の輸入を増やしていることやバイオ燃料の促進が現在の高騰につながっています。 小麦についても中国の飼料の影響や、また運送費用の高止まりも価格高騰に影響しているようです。

 今後の要因としてはウクライナ・ショックの余波です。

 ウクライナとロシアは小麦輸出量の3割を占めている穀物の生産地です。日本の輸入小麦はアメリカが大半を占めているので、足元で急激な影響が出ているわけではありませんが、この2カ国から輸入していた国がほかの地域から輸入するような動きが加速すれば、日本への影響は避けられません。一説では今年の10月からウクライナ・ショックの影響を日本も受けるとの見方もあります。

 電気代に続いて、生活に必須な食品の値段も世界情勢によって左右されるのですね。