資産形成に関する調査で読み解く、投資の実態!

 近年、投資や資産形成への関心が高まり、実際につみたてNISA(ニーサ:少額投資非課税制度)などを活用し、投資を始める方が急増しています。

 しかし、投資やお金のことはなかなか人に相談しづらく、「今のやり方で合っているのかな?」「いろいろとチャレンジしてみたいけど何から始めたらいいのか分からない…」と、疑問や不安を抱えたまま投資を続けている方も多いのではないでしょうか。

 そこで、すでに楽天証券で投資を始めている方を対象に、投資や資産形成に関するアンケート調査を実施しました。アンケート結果をもとに、他の投資家の実態を読み解き、ぜひ今後の投資の参考にしていただければと思います。

 今回は、すでにつみたてNISAでの資産形成を始めている方を対象に、「投資額」をテーマにアンケートを実施しました。結果はいかに?!

みんなは毎月どれくらい投資にまわしている?

Q:毎月の収入に対する投資金額の割合は?

 毎月の収入の「10%未満」・「10%台」と答えた方がそれぞれ3割ずつと最も多く、次いで「20%台」と答えた方が2割という結果になりました。

「10%未満」と回答した方の積立投資状況

「20%台」と回答した方の積立投資状況

※楽天証券調べ(回答者数:1,257名)
※投資金額:投資信託や株式などの購入額

 回答者の積立投資の状況をみてみると、「10%未満」と答えた方のうち、6割以上が現在つみたてNISAのみを利用していました。一方、「20%台」と答えた方のうち、8割以上がつみたてNISAだけではなく、iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)や特定口座での積み立てなど、複数の積立投資を行っていることがわかりました。

 さらに、現在の投資金額にした理由について聞いてみると、「10%未満」・「10%台」と答えた方は「始めたばかりなのでまずは無理のない範囲でつみたてNISA枠内でやっている」という回答が多数。

 一方「20%台」と答えた方は、「生活に必要なお金以外をできる限り投資にまわしたい!」「一番働ける年齢のうちになるべく多く投資したい!」といった資産づくりへの意欲が高い方や、「将来の目標達成金額から逆算して決めている」としっかりと計画を立てている方が多かったです。

 さらに「つみたてNISA+iDeCo」や夫婦で「つみたてNISA×2口座」、夫婦+お子さまで「つみたてNISA+ジュニアNISA」など、非課税制度を最大限活用されている方が多い印象でした。

まとめ:みんなは毎月どれくらい投資にまわしている?

☑初心者は、まずはつみたてNISAで無理なく続けられる「10%前後」からスタート
☑投資に慣れてきたら、つみたてNISAやiDeCoなどの非課税枠の最大限活用で「10~29%」くらいを目指してみる
☑将来に向けた着実な資産づくりをしたい方は、目標金額から逆算して、毎月の投資額を決めてみよう…積立シミュレーション