資産形成の正解は人それぞれですが、一方で、多くの人が失敗してしまう考え方や、やり方があるようです。このシリーズでは、資産形成を始める人が陥りがちな失敗事例を取り上げ、やってはいけない行動をわかりやすく解説します。

お悩み

積立投資をしている友人からレバナスを勧められたが本当に大丈夫なのか?

吉本雄一さん(仮名)会社員・40歳(既婚、子ども2人)

 吉本さんは、同僚の川田さんからレバレッジ投資の魅力について話を聞いていました。

 友人の川田さんは、「これから将来の貯蓄をしていくなら少しでも多く資産を増やしたい、そう思っていた時にレバレッジ投信で米国のNASDAQの2倍の動きをする商品を見つけたんだ。NASDAQのインデックス積立投資でも数倍になるところが、レバレッジで2倍の値動きとなると20倍以上の成果が期待できるんだよ!」と熱く語っています。

「そんなうまい話はないだろう」と吉本さんは考えつつも、「確かに米国株式市場は長い目で見れば右肩上がりに推移している。積立投資は長い時間をかけて行う投資だし、余裕資金でやっているから値動きがあっても普段の生活には支障はない。もともとは最近人気になっている米国S&P500に連動した投信でインデックス投資を考えていたんだから、レバレッジをかけたNASDAQもいいかも…」、と考えるようになりました。

 吉本さんは、レバレッジ投資がハイリスク・ハイリターンであることを理解しつつも、長期投資で積立をするのだから許容できるだろうと、川田さんと一緒にレバレッジ投信で積立投資を始めることにしました。

 はたして、吉本さんの決断は長期投資として、積立投資として良かったといえるのでしょうか??