オミクロン・ショックで日経平均は急落しましたが、日本株が割安で長期投資で「買い場」の投資判断は変わりません。最近、新規に口座を開設して株式投資を始めることをすることを検討されている方が増えています。今日は、個別銘柄を買うときの注文の出し方を解説します。

「指値(さしね)注文」の意味を復習

 株式を売買するときの注文の出し方は、いろいろあります。もっともよく使われるのが、指値注文と成行注文です。この2つの注文方法を、しっかり理解して、適切に使い分けられるようにすることが、大切です。

 指値注文とは、「銘柄」「価格」「株数」を指定して、「買い」または「売り」の注文を出す方法です。たとえば、取引時間中、801円の株価がついている以下のA社株に対し、以下のような指値注文が入っているとします。

A社株の取引時間中の板(いた)情報

 板(いた)情報とは、売買注文がどう入っているかを示すものです。上記、A社では、801円で9,200株、802円で12,500株、803円で13,200株の売り指値注文が入っています。また、799円で2,300株、798円で5,200株、797円で8,400株の買い指値注文が入っています。