お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
ウォルマートの最高値更新
堀古 英司
ウォール街から~米国株の魅力~
ニューヨークのヘッジファンド運用マネジャーである堀古英司氏による週刊レポート。単なる分析にとどまらず、出来るだけ「裏を読む」という観点で米国経済、市場についてお伝えするコーナーで…

ウォルマートの最高値更新

2012/8/13
先月、楽天証券13周年記念セミナーで、アメリカの代表的株価指数であるS&P500指数は1999年後半と同じ水準である一方、利益はその後の13年間で2.4倍になっているというお話をさせていただきました。
facebook twitter 印刷する

先月、楽天証券13周年記念セミナーで、アメリカの代表的株価指数であるS&P500指数は1999年後半と同じ水準である一方、利益はその後の13年間で2.4倍になっているというお話をさせていただきました。確かに1999年後半といえば、S&P500指数が最高値を付ける数カ月前の事であり、当時の株価が単にバブルだったという見方もできるかもしれません。しかし金融危機前後を除いてはアメリカの大半の企業は着実に利益を伸ばし、それが2.4倍にまで積み上がってきたとなっては、さすがに株価の水準を疑い始めても良いでしょう。その典型的な銘柄が世界最大の小売チェーン、ウォルマート(WMT)です。

ウォルマートは先月初、創業50周年を迎えました。ウォルマートの創業者は故サム・ウォルトン氏ですが、ウォルトン一族は今も米フォーブス誌の富豪リストに名を連ねています。資産10億ドル以上の「ウォルトン」さんは6人で、その合計1,000億ドル以上。ビル・ゲイツ氏とマイクロソフトの共同創業者であるポール・アレン氏、そしてCEOのスティーブ・ボルマー氏を合わせても900億ドルで、如何に成功を収めている会社かがお分かりいただけると思います。ちなみに5月に上場したフェースブックは4人合わせて250億ドルです。

そのウォルマートが、それまで13年近く更新していなかった最高株価を先月、遂に更新しました。13年間、株価が最高値を更新できなかったのは、特にウォルマートの業績に問題があった訳ではありません。それどころか、ウォルマートはこの25年間一度も、売上や利益が前年比で減少した事は無いのです。100年に一度と言われたあの金融危機の前後でさえも、です。この25年間の利益成長率は平均16%。この13年間に限っても平均12%の成長を続けています。

それなのに、どうしてウォルマートの株価は13年も最高値を更新できなかったのでしょうか。それは第一に2000年3月以降始まった、いわゆる「ドットコム」バブル崩壊の影響であり、第二に2001年9月に起こった同時多発テロの影響であり、第三に2002年夏にピークに達した不正会計問題の影響であり、第四に2003年3月に始まったイラク戦争の影響であり、第五に2006年後半に始まった住宅バブル崩壊の影響であり、第六に2007年7月に始まった金融危機の影響であり、第七に2008年9月に始まったリーマンショックの影響であり、第八に2010年春に始まった欧州債務危機の影響が挙げられるでしょう。

確かにアメリカのこの10年は、他の10年に比べれば特別だったのかもしれません。しかし50年前からずっとアメリカでビジネスをしているウォルマートにとって、少々の景気変動への対応は慣れたものです。むしろ在庫管理がしっかりしており、景気変動に応じたコスト管理で知られるウォルマートの真の腕の見せ所だったとも言えます。

何を申し上げたいかというと、結局、ビジネスに大きな変化は無いのに、景気変動に一喜一憂していたのは専ら投資家の方だったという事です。この13年間でアメリカは2回のリセッションを経験しています。リセッションに入ると個人消費が減少するので小売業は厳しい、という論調をどれだけ聞いた事でしょうか? これはマクロばかり見ていて、ミクロレベルでビジネスを理解していない典型の論調です。実際には、ウォルマートの売上も利益も、前年比では減少などしていないのです。

今後も「財政の崖が懸念される」「大統領選挙が不透明要因」「ギリシャ離脱懸念」等、マクロのヘッドラインをご覧になる事は多々あるでしょう。しかし懸念材料など、市場には常に存在するものです。投資家がこのようにマクロのヘッドラインを気にしている間に、ウォルマートのような会社は着実に利益を積み上げていっているのです。ウォルマートだけではありません。ここ10数年着実に業績を伸ばしてきた優良企業の株価が、ここに来て次々と最高値を更新しようとしています。そして10数年前との大きな違いは、それが業績という、ファンダメンタルズにしっかり裏付けされたものであるという事です。

(2012年8月10日記)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいウォルマートの最高値更新

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ウォルマートの最高値更新

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。