YouTubeなどの副業で「経済的自由」を獲得。会社を辞めずにFIREする「仮面FIRE」を実践中

番外編:ぽんちよさん

▼Profile
 社会人になってすぐ、友人に勧められて株式投資をスタート。投資について学ぶなかで、経済的自由を勝ち取り、早期退職することを目標に定める。

 投資資金を増やすため、節約・倹約を徹底するとともに、せどり、ブログ、YouTubeなどに挑戦。月々の給与を大きく上回る収入を実現する。

 現在は、FIREできる状態にありながら会社員生活を続ける「仮面FIRE」中。YouTubeチャンネル『めざせ!FIRE 投資・節約・副業 初心者の背中を押すチャンネル』を運営する。2021年5月には著書『めざせFIRE! 知識ゼロから経済的自由を勝ちとる』を刊行。

[ぽんちよさんの仮面FIREデータ]

■仮面FIREを実現した年齢:20代後半
■仮面FIREを実現したときの資産額:数千万円
■資金作り方法:節約、せどり、ブログ、YouTube、株式投資
■現在の収入:給与、ブログ、YouTube、株式の配当金など

Q FIREを目指そうと思ったきっかけは?

株の配当金で暮らしている人がいると知り、衝撃を受けた

 社会人1年目に株式投資を始めたのですが、その勉強をするなかで、世の中には株式の配当金だけで暮らしている人がいると知りました。投資によって大きな資産を築き上げて人より10年も20年も早くリタイアし、配当金だけで生活している人たちがいる、と。

 僕は、自分は一生働くんだろうなと思っていたので、そのことは大きな衝撃でした。

 実は当時、職場の人間関係にストレスを抱えていて、この生活から抜け出したいと考えていました。その後、転職して、今はずいぶん状況が変わりましたが、あの頃は毎日が苦痛でした。それもあって、自分も将来、配当金生活をしてみたいと考えるようになりました。

 ただし、最初はあまり現実的には考えられませんでした。当時、僕は会社の寮暮らしで住居賃がほとんどかからないこともあり、毎月10万円ほど投資に充てていました。また、大学時代から貯金をしていたので、そこそこ蓄えもありました。

 だから、この先も頑張れば、それなりの資産を築けるだろうと思っていましたが、配当金だけで暮らすとなると中途半端な金額では無理だろうし、しょせんは夢物語だろうと思っていたんです。

 その思いが一変したのは、自分の将来をシミュレーションしたのがきっかけです。ちょうどFIREという言葉がはやりつつあり、自分だったらいつ頃FIREできそうか計算してみました。

 具体的にいうと、このまま毎月10万円投資し、それを5%で運用した場合の資産の推移をはじき出してみました。すると、39歳で5,000万円に届くことがわかりました。

 資産が5,000万円あれば、配当利回り4%で、年間の配当金は200万円になります。僕はお金がかかるような趣味もないので、年間200万円もあれば不自由なく暮らせます。

 それで、あと15年くらい頑張れば配当金生活を送れるかもしれない、だったら本気で目指してみようと思いました。

Q 具体的にどんな行動を起こした?

投資資金を増やすため、せどりやYouTubeなど副業を始めた

 毎月10万円投資し、5%で運用すれば39歳でFIREできるとわかりましたが、もっと早く実現したいという思いがありました。そのためには投資資金を増やすしかありません。そこで、節約に励むとともに副業を始めることにしました。

 最初に行ったのが「せどり」です。僕は大学時代、自転車が趣味だったのですが、自転車関連の海外ブランド品って日本で買うとかなり高いんです。それで海外の通販サイトから安く仕入れ、日本のショッピングサイトで売ることにしました。

 かなり価格差があるので、多少利益分を乗せても、買ってもらえるだろうと思いました。実際にうまくいって、月20万円以上稼いだこともあります。

 その後、YouTubeを始めました。その前から投資ブログをやっていて、多少の収入はあったのですが、大きく稼ぐなら動画だと考え、投資系YouTubeチャンネルを開設しました。

 ただし、甘くはなかったですね。会社から帰った後や休日を利用してせっせと動画を作り、YouTubeにアップしても誰も見てくれない…。もちろん、すぐに視聴者がつくとは思っていませんでしたが、想像以上にたいへんでした。

 それでも少しずつ視聴者が増え、1カ月半後にはチャンネル登録者が10人になり、3カ月後に100人、半年後には1,000人になりました。そのくらいになってようやく数万円の収入を得ることができました。さらにその後、1万人、2万人と登録者が増え、それにともない収入が急増しました。

 そうやって稼いだお金は株式投資で運用しました。今、僕の動画や本などでは、誰にでもおすすめできる運用方法としてインデックス投資を紹介していますが、僕自身は主に個別株投資を行っていました。

 僕は早く資産を増やしたいという思いがあったし、企業の決算書を読んだり、ビジネスモデルを研究して株価の動きを予測するといったことが好きだったためです。これは今も変わっていません。

 そしてもう1つ、実行したのが転職です。1日も早くFIREしたいと思っていましたが、まだしばらくは会社勤めを続けなければならない。だったら、日曜日の夜になると気が重くなるような会社はもう辞めよう、もっと楽しく、前向きな気持ちで働けるところに転職しようと考えたんです。