▼Profile
株式会社ウェルスペント 横田健一さん
 ファイナンシャルプランナー。大手証券会社にてデリバティブ商品の開発やトレーディング、フィンテックの企画・調査などを経験後、2018年1月に独立。「フツーの人にフツーの資産形成を!」というコンセプトで情報サイト「資産形成ハンドブック」を運営。YouTube「資産形成ハンドブック」も人気上昇中。

FIREとは何か

 最近、さまざまなメディアで「FIRE」というキーワードが取り上げられ、若い世代を中心に注目を集めています。ここでいうFIREとは、Financial Independence, Retire Early のことで、経済的自立と早期リタイアを実現していく新しいライフスタイルです。

「経済的自立」というのは、自分に必要となる生活費を、基本的に金融資産や不動産などの資産から得られる収入で賄っていける状態です。例えば生活費が年間400万円であれば、資産収入として400万円ほど確保するということです。

 一方、早期リタイアというのは、一般的には定年と言われる60歳よりも前に退職することを意味しますが、FIREでは60歳の少し手前というより40代や30代でリタイアする方が出ており、中には30歳前後という方もいます。

 このリタイアというのは、必ずしも働くことをやめるわけではなく、「お金のために働く人生から脱却する」といったニュアンスです。働かねばならない人生から、働きたければ働く、そうでなければ自由に過ごす、そんな人生へと舵を切ることを意味しています。

 このような話をすると、「起業して一攫千金を狙うのか?」「宝くじでも当てるのか?」などと思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。

 FIREを実現していくために筆者は次の3つが重要だと考えています。

1.自分の価値観を再確認し、今後のライフプランを決めていく

2.足るを知り、無駄なものにはお金を使わない

3.再現性が高く仕組み化できる運用方法で資産を維持管理する

 上記3点なら、一会社員でも、実現不可能なプランではありません。以下、もう少し具体的に説明させていただきます。