お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
購入できる投資信託は?分配金の受け取り方法は?
竹川 美奈子
特集記事

購入できる投資信託は?分配金の受け取り方法は?

2013/7/16
(1)分配金を再投資できる投信を選べる?
(2)分配金はどの口座で再投資する?
(3)投信の分配金を再投資する場合も新規購入としてカウントされる
facebook twitter 印刷する

 前回はNISA(少額投資非課税制度)の口座で対応する商品やサービスについて触れました。NISAを活用する場合、「○円で購入する」という風に金額で指定できて、100万円の枠を有効に活用しやすいのは国内の株式投資信託です(一部株式を金額指定で購入できる会社もあります)。今回は金融機関に取り扱う国内の株式投資信託についてもう少し詳しくみていきたいと思います。

 2013年7月10日現在、大半の証券会社では、自社で取り扱う、つまりこれまで特定口座などで購入できた株式投信のほぼすべてをNISA口座でも取り扱うと公表しています。ただし、いくつか確認しておきたいこともあります。

 

(1)分配金を再投資できる投信を選べる?

 1つ目は「分配金を再投資できるコース」を選択できるかどうかです。決算のときに分配金がでた場合、私たちが分配金を受ける方法には次の2つがあります。

 投資信託の中にはこのコースのいずれかを選択できるもの、どちらか一方しか選べないものがあります。金融機関によっては、NISA口座で取り扱うのは「分配金受取コースのみ」という会社もあります。その場合、分配金を再投資するコースは選べませんから、分配金を再投資することはできず、分配金を受取るしかありません。事前にしっかり確認しておく必要がありますね。

 

(2)分配金はどの口座で再投資する?

 投信の分配金を再投資するコースを選べる場合でも、分配金がどの口座で再投資されるのかは金融機関によって異なります。

 たとえば、「NISA口座で100万円の枠に達するまでは再投資され、超過したら課税口座(特定口座など)で買い付ける」という金融機関もあれば、分配金の再投資はNISA口座ではなく、課税口座(特定・一般口座)になるという会社もあります。こちらも確認しておきたいポイントです。

 

(3)投信の分配金を再投資する場合も新規購入としてカウントされる

 また、NISA口座内で分配金を再投資できる金融機関でも、知っておきたいのが「分配金の再投資も新規の買い付けとみなされる」ことです。

 たとえば、70万円で株式投資信託を購入し、分配金2万円が再投資されたとします。その場合、2万円は新たな購入「枠」を使ったとみなされるので、使える枠が残っていなくてはなりません。たとえば、100万円の枠を使ってめいっぱい投資信託を購入し、その投資信託が分配金を出したようなケースでは、NISA口座内で分配金を再投資することができなくなってしまいます。

 使える枠がない(途中で100万円の枠を使い切ってしまった)場合には、原則、分配金は一般口座・特定口座で再投資されることになります。

 こうしたことは、課税口座(特定口座など)で投信を購入する場合には、それほど気にしなくてもすんだことかもしれません。しかし、NISA口座を使って、分配金を再投資して資産を積み上げたいというかたは、金融機関ごとに取り扱う投信の違いや、分配金を再投資するときの口座などを、事前に確認しておいたほうがよいでしょう。

 もっとも、資産形成を目的とする現役世代は、そもそも1年決算か半年決算で、極力分配金を出さない投信を選ぶのが大前提です。長期に投資を考えた場合、同じ投資信託でも、分配回数の少ない投資信託の方が、投資効果が高まります。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください購入できる投資信託は?分配金の受け取り方法は?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

購入できる投資信託は?分配金の受け取り方法は?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。