『10万円から始める!割安成長株で2億円』(ダイヤモンド社)という本が話題になっています。筆者は現役サラリーマンの弐億貯男(におくためお)さん。2002年、27歳のときに株式投資をスタート。2020年までに2億円貯めるという目標を掲げ、2015年に1億円、2019年に2億円を達成しました。

 今回は、ブログ『サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました。』やツイッターでも投資情報を発信している弐億貯男さんに、資産2億円を実現した投資術について伺いました。

元手250万円を年率30%で増やせば18年で2億円に

──今日は、信用取引なしで、どうやって2億円を達成したのかについてお伺いしたいのですが、その前に。投資を始めた頃、「2020年までに2億円貯める」という目標を立てたとのことですが、何かキッカケがあったのですか。

 僕は2002年に株式投資を始めました。当時、「日経平均株価が最安値を更新」という報道があり、「今、最安値ならこれから上がるに違いない」と考え、100万円を元手に始めました。結局、100万円では足りず、150万円追加しましたが。それで、2年目から売買記録を取るようになり、記録をつけるなら、目標を決めたほうがいいかなと思ったんです。

──2億円というとかなりの額です。この金額を目標にした理由は何でしょうか。

  その頃、サラリーマンの生涯年収が2億円といわれていました。つまり、2億円稼いで会社を辞め、悠々自適の生活を送ろうと思ったんです。ちなみに「弐億貯男」というハンドルネームもそのとき決めました。

──2020年にしたのはなぜですか。

 それまで投資した250万円を2億円にするには、どう増やしていけばいいか考えたんです。計算してみたら、年率+30%を達成し続ければ、2020年に2億円を超えるとわかりました。

 年率+50%だと2014年に超えますが、さすがに年率+50%はきついかなと。年率+30%ならいけるかもしれないと思い、2020年に設定したんです。

──元手250万円を、毎年30%ずつ増やしていくと、18年で2億円になるのですね。

 はい。ちなみに元手が100万円だったら22年で2億円を超えます。

──1年で30%増やすのも、簡単ではないですよね。

 僕はまだ投資を始めたばかりでしたから、結構気楽に考えていて。100万円を130万円にすればいいんでしょ、みたいな。

 でも、実際には簡単な数字ではありません。1年、2年ならともかく、10年、20年継続しなければ億には届かないわけです。今、振り返ると、よくそんな無謀な目標を立てたと思います(笑)。

──でも、なにしろ実現してしまったわけですから、無謀とはいえないと思います。それに2億円という目標を立てていなかったら、違う結果になっていたかもしれません。

 そうですね。そういう意味では目標を設定して正解だったかなと思います。

『10万円から始める!割安成長株で2億円』
弐億貯男 著
ダイヤモンド社 刊