facebook twitter
資産運用に欠かせないリスクコントロールって何だ?
東証マネ部
お金ビジュアル図鑑
直感的に投資がわかる!難しそうな経済情報やマーケット、株式投資、資産運用のノウハウなどを、ビジュアルでわかりやすく解説します。

資産運用に欠かせないリスクコントロールって何だ?

2017/10/11
・金融資産とリスクの話
・投資は余裕資金で行おう!
・金融資産のリスクとリターン
facebook twitter メールで送る 印刷

金融資産とリスクの話

 

 投資で失敗して破産……。未経験者が想像しがちなイメージだが、これは資産のすべてを使って投資を行ったから起こる悲劇。本来、投資とは、余裕資金で行うものだ。

 目安は、不測の事態に備えていつでも使えるお金として、月の生活費×6カ月分を普通預金口座などに確保。加えて、5年以内に家や車を購入する頭金や子どもの入学金など、大きな支出が発生する予定があればそのお金もキープしておく。これらを確保した上で、余ったお金が余剰資金となる。余剰資金で投資をすれば、株価の変動に一喜一憂する心配もない。

 

 投資といっても、株や国債、ETFなど、さまざまな金融商品が存在する。一般的に、高い利益が見込める金融商品はその分、損失が出る可能性も高い。いわゆるハイリスク・ハイリターンである。

 一般的にリスクとリターンの関係は、図表の通り。ただし、株式は会社によってリスクとリターンが異なるので、一概にリスクが高いとは言えない部分もある。安全資産といわれるのは、銀行に預ける預金と、日本国債だ。ただし、利率は低く、高いリターンは期待できない。ちなみに、投資信託とETFは、組み込む金融商品によってリスクとリターンは変化する。

 一般的に、外国株式>日本株式>外国債>国債の順で、ハイリスク・ハイリターンといわれているが、実施にはどの程度のリターンとリスクがあるだろうか。

 国家公務員の年金を運用する国家公務員共済組合連合会(KKR)のデータを参考にすると、長い目で見たときの平均的なリターンは、最もハイリスク・ハイリターンの外国株式で5%、最もローリスク・ローリターンの国債で1%。ただし、短期的には、外国株式の場合は、評価額が-35%まで下がることもあれば、+45%まで上昇することもある。+45%の時点で売れば大儲け、-35%で売れば大損ということだ。一方、国内債券の変動幅は-3%~+5%と小さく、比較的堅実な金融資産といえる。

記事提供元

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
投資の失敗
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください資産運用に欠かせないリスクコントロールって何だ?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

資産運用に欠かせないリスクコントロールって何だ?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
はじめての下落相場
 
投資の失敗
 
お宝優待株
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
投資ワクワク
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
老後破綻
 
年末高
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。