facebook twitter
失敗しやすい個人投資家の銘柄選びと事後処理の特徴とは?
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

失敗しやすい個人投資家の銘柄選びと事後処理の特徴とは?

2017/10/5
・「90%の個人投資家は株式投資で成功できていない」理由
・個人投資家はどのように改善方法
facebook twitter メールで送る 印刷

 最近個人投資家の方とお話ししていると「どうも自分の株式投資がうまく行っていない」という相談が非常に多いです。そんな中、うまく行かない人の銘柄選びと売買の特徴が見えてきたので、ここでお伝えしたいと思います。

 

「90%の個人投資家は株式投資で成功できていない」は本当か?

 「個人投資家の90%は株式投資で成功できていない」と昔から言われます。何をもって「成功」とするのかの基準があいまいなこともあり、この数字に明確な根拠はありません。

 しかし、数多くの個人投資家とお会いしてきた筆者の感覚からすると、多くの個人投資家が満足のいく成果を出せていないと感じます。

 筆者はここ最近、積極的に個人投資家の方にヒアリングをし、失敗してしまう投資家の特徴を定型化しました。すると、失敗しやすいある特徴を見出すことができました。

 

特徴1:「旬な銘柄」を選んでしまっている

 特徴の1つ目は銘柄の選び方です。個人投資家の皆さんは、「旬な銘柄」を選ぶ傾向にあります。

 旬な銘柄のことを「材料株」と呼んだりします。これは、その時々で株式市場において注目されているテーマに関連した銘柄です。

 こうした銘柄は、「将来業績が大きく伸びるのではないか」という期待感から株価が上昇します。そこに値動きに注目した短期売買の投資家も参戦することで、ときには株価が5倍、10倍にも跳ね上がることもあります。

 しかし、そこまで発展するのはほんの一握りで、多くは多少(とはいっても30~50%程度は上昇するものが多いですが)の株価上昇で天井をつけ、もとの株価水準に戻ってしまいます。

 個人投資家がこうした銘柄に手を出すのは、当然ながらすでに株価が上昇して市場の注目を集めているときです。

 しかし、そのタイミングで買ってしまうと、多くの場合そこから株価は伸びず、やがては下落に転じてしまいます。つまり「高値づかみ」となってしまうのです。

 

特徴2:事後処理がうまくできていない

 筆者個人的には、25日移動平均線から何十%も上方にかい離しているなど、よほどひどいタイミングでなければ、旬な銘柄を選んで投資しても良いと思っています。

 ただし、その後の事後処理をしっかり行えば、という前提です。

 材料株を買った後、株価が上昇すればもちろん良いですが、株価が下落したとき、ほとんどの個人投資家はそれを放置してしまいます。

 その結果、株価は元の水準まで下落し、多額の含み損を抱えて身動きがとれなくなってしまうのです。

 

個人投資家はどのように改善すればよい?

 こうした2つの特徴を踏まえて、個人投資家が改善できるような点はないでしょうか。

 第1の改善点は、買った株の損切りです。大きく負けないようにするためには、やはり損失が小さいうちに損切りをして、損失がそれ以上膨らまないようにしなければなりません。 
 買った時の25日移動平均線からのかい離が大きくなければ、25日移動平均線割れで売却すればよいですし、かい離が大きいタイミングで買ってしまった場合は、買値から10%下がったら損切り、とルールを決めておくべきです。

 第2の改善点は、そもそも「材料株」に飛びつかないことです。
「材料株」に個人投資家が手を出すときには、すでに株価が買われて割高になっている可能性が高いです。

 さらには株価の上昇の主要因は「期待感」であり、業績の裏付けを伴って上昇したわけではありません。

 そのため、買いの手が引っ込むと、たちまち株価が大きく値下がりしてしまいます。

 もちろん、材料株に投資して成功することもあるでしょう。でも、同じことを繰り返した結果、株式投資で満足のいく成果が出せない個人投資家が大勢いるのが実態です。
ということは、すでに割高となっている可能性の高い材料株への投資は、あまり得策ではないのです。

 

材料株ではなく成長株へ投資するという選択肢

 では、どんな銘柄を投資対象にすればよいでしょうか。筆者はここ数年、主に成長株を投資対象にしています。
たとえば毎年増収増益を続けている銘柄であれば、単純に今後も増収増益が続く可能性が高いです。

 もちろん、増収増益が途切れ、業績が伸び悩んだり悪化したりすることも考えられます。その場合は、株価が下がり下降トレンドになりますから、その時点で売却すればよいのです。
また、そもそも増収増益銘柄であってもすでに下降トレンドの場合は、手を出さなければ問題ありません。

 筆者の周りで株式投資により多額の資産を築いている投資家は、ほぼ例外なく成長株に注目し、材料株には見向きもしていません。

 長い目でみれば、材料株よりもはるかに成果が出やすいのが、実際に足元の業績の裏付けもある成長株なのです。

 「材料株」でうまくいっていない、という方は、成長株への投資も試してみてはいかがでしょうか。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください失敗しやすい個人投資家の銘柄選びと事後処理の特徴とは?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

失敗しやすい個人投資家の銘柄選びと事後処理の特徴とは?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。