人気投資ブロガーに聞く割安株の投資戦略!

 株式には、成長株(グロース)、割安株(バリュー)を狙って投資する戦略がある。どこに狙いを定めるべきか。百戦錬磨の投資ブロガーが自らの投資戦術を余すことなく紹介する。

 今回は、IPO(新規公開株)セカンダリー投資で年率30%の投資成績、資産2億円を達成した弐億貯男(におく・ためお)さんが、投資術の秘けつを語った。

低PER・増収増益銘柄を起点にIPOセカンダリー投資で大成功 

 人気ブロガーはどんな手法で、割安成長株投資に成功しているのか? 会社員の中でも超多忙な営業職からのセミリタイアを夢見て、投資を始めた弐億貯男さん。

 株を始めた初心者が最初に学ぶ株価指標といえば「PER(株価収益率)」。企業が1年間に上げた利益を発行済みの株式1株あたりで換算し、これより現在の株価が割安かどうか測る指標だ。弐億貯男さんも「PERを活用した割安株投資は、投資初心者にもとっつきやすかったので、株式投資を始めた頃から取り入れていました。増収増益の続く好業績の銘柄なら、短期的、一時的に株価が下がることがあっても、業績成長に応じてPERが下がり、やがては株価も株主配当金も底上げされるという期待もあったことから、自然と割安成長株投資を意識した投資を始めるようになりました」という。そしてポリシーは「割安になるまで待つ。妥協して買ったら後悔します!」というもの。

 と、ここまではオーソドックスな割安成長株の考え方だが、弐億貯男さんが独特なのは、主な投資対象を「IPOのセカンダリー」に絞ったこと。

 IPOセカンダリー投資とは、新規公開株が株の公募・売り出し上場後、誰もが自由に株式市場で売り買いできるようになったところで、その株を買うこと。上場直後のIPO株は、成長期待や多くの投資家の参入もあって、ストップ高を連発するなど株価が乱高下しやすいが、弐億貯男さんは、「直近IPO銘柄の中で、株価が公開価格と比較して調整(株価が横ばい・下落)気味の銘柄を拾っています」と言う。「成長銘柄を手っ取り早く見つけるのにはIPO銘柄を洗ってみるほうが全銘柄の中から成長株を見つけ出すよりも簡単です」という投資戦略は、日頃、会社員としても忙しい毎日を送る中で生まれた効率重視の発想が、資産大躍進の原動力になった。