投資をしてみようかな。と思っても、「いくらから投資を始めたらいいだろう」「この先何かあるかもしれないし…」と投資に使う金額は大きな悩みです。今回は具体的にいくらから投資を始めればよいかを考えていきましょう。

投資初心者はいくらからはじめる?

 実際に投資を始めようとした場合、「お金持ちじゃないけれど、いくらから投資できるの?」「最初の投資額はいくらが目安?」と、いろいろな疑問が出てきませんか。

 まず、「いくらから投資できるの?」という疑問に対する答えは、「100円から」。投資信託という商品でスタートできます。株式投資の場合は、投資する会社によって変わりますが、安いものなら1万円くらいからできます。

 そして、「投資額はいくらが目安?」に対する答えは、「自分次第」が正解。とは言え、それが分からないから、スタートできないんですよね。実はシンプルに、「ある目標のために毎月○円貯金する」を、「ある目標のために毎月○円投資する」に転換するだけで、いいのです。投資する金額の目安は、「なんとなく、老後のために少しずつ」や、「再来年ハワイ旅行するために○円貯めたい」など、目標やきっかけ次第と言えるかもしれません。

 では、具体的に目標設定をして、投資する金額を出してみましょう。
「将来のために投資を始めてみたい」人をモデルに、35歳未満で投資を開始する条件で、投資額の目安を出します。

投資額の目安

 最近の日本人の収入は、35歳未満の一人暮らしの人で毎月25万3,217円(男女平均)、年収に直すと303万8,604円です。この月収のうち税金を除いた、手取り収入は毎月22万89円で、その中で16万5,167円、消費しています(参考:総務省「平成26年全国消費実態調査」)

出所:総務省「平成26年全国消費実態調査」のデータを基に株式会社マネネが作成

 このモデルケースでは毎月の手取り収入から、実際に消費している分を引くと、5万4,922円が残りますね。

「よし、分かった! この残った5万4,922円を全部投資しよう」という方、早まらないでください。前回の「投資でお金は増えるの?」でも触れましたが、「投資は必ず利益が出る」ものではなく、タイミングや投資先によっては投資した資金が減ることがあります。

 お金は、「お金が減らない預金」と「お金が変化する投資」で資金を分け、投資を続けることが重要です。

 年収300万円であれば、「毎月2万円を投資して、残りの3万4,922円を貯金」というふうに分けていいかもしれませんね。目安として、毎月の自由に使えるお金のうち、約10%は投資できる可能性があると考えてください。
※預金保険制度によって、1,000万円までの銀行預金は元本保証されます。