つみたてNISAをはじめるにあたり、楽天証券で口座を開設することにしました。楽天証券に決めたのは、楽天スーパーポイントがもらえることに魅力を感じたからです。楽天証券の口座開設はすぐに終わったものの、別の証券会社からNISA口座を移すのが少し面倒でした。どんな手続きを行ったのか、体験談をご紹介します。

楽天証券の特徴・メリット

 すでに楽天銀行は使っていたのですが、楽天証券の口座は作っていませんでした。数年前から別の証券会社(仮にA証券とします)の特定口座で少しだけ株と投資信託を持っており、その口座だけで十分だと思っていたためです。このたび改めて楽天証券の特徴を見て、もっと早く作ればよかったと感じました。

楽天銀行の普通預金金利が上がる

 楽天銀行と楽天証券の口座を連携させる「マネーブリッジ」を設定すると、楽天銀行の普通預金金利が年0.10%になります。100万円預けると、1年でおよそ800円(税引後)の利息がもらえることに。大手銀行の普通預金金利は年0.001%なので、100倍です。8円では何も買えませんが、800円あればちょっとしたランチが食べられると思うと、大きな差のように感じます。

毎日100円から購入できる

 楽天証券のつみたてNISAでは、毎日積立か月1回の毎月積立を選択できます。しかも最低投資金額は100円なので、少額から投資可能です。

楽天スーパーポイントが貯まる

 楽天証券のマネーブリッジで投資信託を購入すると、そのたびに楽天スーパーポイントが貯まります。これは楽天銀行ハッピープログラムの即時入金サービスにあたるためです。ポイントがもらえるのは1日あたり最大15件が対象。楽天銀行のステージがスーパーVIP・VIPなら1件につき3ポイント、プレミアムなら1件につき2ポイント、アドバンスト・ベーシックなら1件につき1ポイントです。

楽天スーパーポイントが使える

 2018年9月30日からは、投信積立に楽天スーパーポイント(期間限定ポイントを除く)が使えるようになりました。楽天市場のお買い物で貯まったポイントを投資に回せるというのは、ちょっと不思議な気分です。ポイント投資で条件を満たすとSPU対象となり、楽天市場でのお買い物がポイント+1倍になります。

 SPUの詳しい内容はこちらでご確認ください。