気になるあの本をチェック!

みきまるの【書籍版】株式投資本オールタイムベスト――独学で学びたい読者のための35冊

答えてくれた人

パンローリング 編集部 徳富啓介さん

著者ってどんな人?

みきまるファンドさん
優待株の中から割安で総合戦闘力が高い銘柄を選別して2~3年の中期の時間軸で戦う「優待バリュー株投資」を実践し、数億円の資産を築いた兼業投資家です。優待株投資のパイオニア&第一人者で、ブログ「みきまるの優待バリュー株日誌」は、優待族のバイブルとして支持を得ています。「日経マネー」にて『みきまるさんの優待バリュー株投資入門』連載中(近刊予定)。 
「みきまるの優待バリュー株日誌」 
「みきまるファンド」 

どんな人にオススメ?

「投資について本で学びたいけど、基礎知識はあるので易しすぎても困る。いい本は?」という方に、ぜひ。

この本の、ここが読みどころ!

 "一獲千金"を夢見て投資の世界に飛び込んだ著者は、やがて単純な戦法では勝ち続けられないことに気づき、1冊の本を手に取ります。

 その『生き残りのディーリング』で損切りの重要性を学び窮地を脱した著者は、以来17年で数百冊の投資本を読んできました。

 さらにそれらの本について思いのままを綴り、ブログで発表、好評を博しています。

 その著者が書籍化にあたってピックアップしたのが今回の35冊分の記事です。

 投資本について紹介しながら、自身の試行錯誤や投資経験にも触れている本書では、著者の投資観をも知ることができます。

 まさに一石二鳥の"投資本読書記"といえるでしょう。

編集者の制作秘話

 著者のブログは歯に衣着せぬ書きっぷりで有名で、熱烈なファンもたくさんいます。

 そんな記事の、本来の良さである"口調"までできるだけ生かしたいと、ある意味そっくり書籍化したのが本書です。

 率直で歯切れのいい文章はきっと多くの読者に受け入れられると考えた編集担当者が、ためらう著者を説得しました。

 著者の"名調子"をお楽しみください!