日経平均株価の波乱はまだ続きそうです。それでも日本株は「買い場」と判断しています。日本株が「割安」と判断しているからです。配当利回りや買収価値と比較して割安な銘柄が増えています。短期的に日経平均がどこまで下がるか予測するのは困難ですが、悲観が広がっている今が、長期的に良い買い場と判断しています。こんな時はまず、大型の高配当利回り株から投資していったら良いと思います。

 銘柄の選び方として、今日は米国でかつて有名になったことがある「ダウの犬」と呼ばれる手法をご紹介します。

「ダウの犬」戦略とは

  米国で有名になった投資手法です。投資方法はきわめてシンプルです。

  1.  NYダウ採用銘柄(30銘柄)を配当利回りの高い順に並べ、上位10銘柄を選びます。その10銘柄に等金額投資します。
  2. 1年後に、もう一度NYダウ採用の配当利回り上位10社をスクリーニングします。1年前に投資した銘柄で、上位10社から外れた銘柄を売却し、代わりに新規に上位10社に入った銘柄を買います。
  3. その後も1年ごとに、上記の方法でリバランス(銘柄入れ替え)を続けます。

 たったこれだけのシンプルな投資方法で、NYダウを上回るパフォーマンスが挙げられることが多かったので、「ダウの犬」戦略は有名になりました。