資産運用ブログ『JACKの株・FXと不動産のお話し』やツイッターでさまざまな情報を発信しているJACKさん(会社員・50代)は、投資の世界では有名なカリスマ個人投資家の1人です。会社勤めをしながらIPO(新規公開株)をメインに株式投資をスタート。2000年くらいから大きな収益を上げるようになり、すでに2億円の資産を築いています。そんなJACKさんに、初心者におススメの「カンニング投資術」やIPOで成功するコツなどを伺いました。

JACKさんPROFILE

 バーテンダーや予備校講師、サラリーマンと多彩な職歴を歩む傍ら、IPO(新規公開株)を中心に2億円を超える資産を築く。株式投資を中心に不動産投資やFX投資を行っており、成果を上げている。著書に『1万円を1年で100万円に! はじめての人の「株式」投資生活』(ぱる出版 2016/12/3)や『百人百色の投資法』シリーズ(パンローリング株式会社 2016/8/5)がある。ツイッターアカウント @jackjack2010

JACKさんの投資年表

社会の出来事    JACKさんの投資歴
ブラックマンデー、NTT上場 1987 大学生時代に投資を始める。母親が株をやっていた関係で、家に出入りしていた証券マンからNTT株を購入、1カ月もせずに約2倍に!119万円→300万円
  1988 その後、ソニーやトヨタ自動車などの大型株を購入し安定した利益を出す
バブル崩壊 1991 大学卒業。バーテンダーや予備校講師などを経験し、サラリーマンに
911米国同時多発テロ、中央省庁再編、エンロン破綻、日本初のREIT(J-REIT)が東証に上場 2001 新聞で、経営危機が取りざたされていた大手都市銀行株を「まさか破綻することはないだろう」と踏み、株価が100円を割るまでナンピン(買い下がり)していたが、TV番組の悲観的報道でついに株価70円台に暴落。含み損が500万円に!
  2002 初めてのIPO。2002年に上場したシンプレクス・テクノロジーを半ばやけくそで購入したら100万円の利益に!IPOの魅力に目覚める
イラク戦争、ソニー・ショック 2003 2003年12月26日初めてのオフ会!有意義な情報交換でモチベーションアップ!!
リーマン・ショック 2008 債券で1,000万円以上の損失
クライスラー、ゼネラルモーターズ破綻、ギリシャショック、ドバイ・ショック 2009 不動産投資開始
旧ジャスダック、ヘラクレス、NEOの3市場が統合し、新ジャスダックが発足 2010 第一生命保険のIPOで8,000万円超を投じ、約1,200万円の利益を得る!
東日本大震災、米信用格付引き下げ 2011 上場延期となるはずのIPOが強行されて、ストップ安に!
  2012 バリュー投資も開始
アベノミクス相場開始 2013 投資用マンションを7室まで増やす
消費税率を8%に引き上げ、アベノミクスピーク 2014 資産2億円を突破。投資型クラウドファンディングも開始
  2015 ツイッターを始める(アカウント @jackjack2010
イギリスのEU離脱国民投票 2016 著書『1万円を1年で100万円に! はじめての人の「株式」投資生活』(ぱる出版)、『百人百色の投資法』シリーズ(パンローリング株式会社)発売
  2017 仮想通貨を購入
  2018 著著『これはずるい!株カンニング投資術 株で2億円儲けたカリスマサラリーマンの裏ワザ』(ダイヤモンド社)
  2019 不動産全て売却
2年連続株ワングランプリ月間チャンピオン

勝ってるブロガーが買ってる銘柄をマネして購入

──JACKさんは数多くの著書を出されていますが、昨年暮れには『これはずるい! 株カンニング投資術』というタイトルの本を出版されました。ずいぶん思い切ったタイトルですね(笑)。

 別に不正行為を勧めているわけではないですよ(笑)。テストで人の解答を盗み見るのは明らかに不正ですが、私が言う「カンニング投資」は誰でも堂々と行うことができる正当な方法です。

──ひと言で言うと「成功している人のマネをしなさい」ということですね。

これはずるい! 株カンニング投資術 株で2億円儲けたカリスマサラリーマンの裏ワザ
著者:JACK
2018年12月14日発売/ダイヤモンド社
1,512円(税込)

 はい、初心者にとっては手っ取り早い方法だと思います。もちろん、きちんと株式投資の勉強をし、企業の決算書を分析して自分自身で銘柄を選ぶのが本来の在り方ではあります。しかし、まったく知識のない人がゼロから学ぶのはラクではないし、当然、時間もかかります。それに、投資というのは勉強すれば結果が出るというものではありません。どれだけ豊富な知識を持っていても勝てるとは限らない。
 じゃあ、何が大事なのかと言うとセンスやテクニック、それともう1つは経験です。経験を重ねることでしか培えないものがあります。であるなら、経験豊富な先輩諸氏のマネをするのも1つの方法だと言うことです。

──具体的にはどうすればいいのでしょうか?

 今は個人投資家の多くがブログやツイッターで自分の投資術を公開しています。それをこまめにチェックして、彼らの投資術を学ぶことです。

──でも、それもある程度、勉強が必要ではないですか?

 語弊があるかもしれませんが、それならもっと簡単な方法があります。ズバリ、彼らが買っている銘柄を買えばいいんです。これなら何の知識もいりません。

──確かに人によってはどんな銘柄を購入して、どれだけパフォーマンスを出したかなど事細かに書かれています。そこまでアケスケに書いてしまって不利益にならないのかと思ったりしますが…。

 私自身はあまり具体的には書かないようにしているのですが、日々の売買を公開している人は少なくありません。だから、彼らと同じ銘柄を購入しようと思えばいくらでも可能です。べつに本人の承諾を得る必要もありませんし。それに投資セミナーのようなところを利用するのと違い、お金もかかりません。

──JACKさんも、ほかの人のブログやツイッターを見て、同じ銘柄を買うことがあるのですか?

 もちろん、ありますよ。以前、ある本を書いたとき、多くの個人投資家の方々にインタビューしたのですが、私なんか足元にも及ばないようなスゴい人がたくさんいました。この世界では1億円以上稼いだ人のことを「億り人」というのですが、1億円どころか、その10倍、20倍稼いでいる人もいます。ですから、いつも彼らのブログやツイッター(最近はまずツイッターに書き込む人が多いので、私もツイッターを見ることが多いのですが)をチェックしていますし、それを見て買うこともあります。
 ただ、高値買いにならないよう、可能であればその方より安く購入できるよう、エントリータイミングだけは特に気を付けます。

──個人投資家の方々は身銭を切っているわけですから、プロのアナリストなどよりかえって信頼できるかもしれないですね。

 その通りです。実際、私はこの方法でかなりいい思いをさせてもらっています(笑)。