なぜFOMCを世界中のマーケットが注目するのか

 投資をしている人にはおなじみのFOMC(米連邦公開市場委員会)。FOMCはFederal Open Market Committee の略で、日本で言う日銀に当たるFRB(米連邦準備制度理事会)の委員が一堂に会し、米国の政策金利を決定する他、今後の金融政策方針についても検討が行われます。

 会合の結果、金融政策方針、政策金利の決定が発表されると、直ちに株価や為替、世界中のマーケットが反応し、思わぬ変動を生むことがあります。最近の株価変動を記憶している投資家の方も多いはず。

 なぜこんなに注目され、マーケットに大きな影響を及ぼすのでしょうか。
 初心者向けに解説します。

 

政策金利の上げ下げで、桶屋がもうかる? 

 ここでまず政策金利の動向(利上げ、利下げ)によって、世の中にどんなことが起こるのか、解説します。

 政策金利とは、その国の銀行がFRB(米連邦準備制度理事会)や日銀などの中央銀行からお金を借りるときの基準になる金利です。

 銀行は中央銀行からお金を企業に事業資金として貸し出したりして、お金を流通させるのです。