facebook twitter
第1回ボリンジャーバンドとは
山中 康司
マーケットスピードFXテクニカル教室
2014年6月~8月のみの期間限定レポート。 マーケットスピードFXを駆使し、話題のボリンジャーバンドクロスやRSIボリンジャーの活用法を解説します。

第1回ボリンジャーバンドとは

2014/6/20
●ボリンジャーバンドは、「トレンド」と「ボラティリティ」を示す。
●ボリンジャーバンドと価格の位置は、価格の「相対的な高低」を示す。
facebook twitter メールで送る 印刷

ボリンジャーバンドは、ジョン・ボリンジャー氏が開発したテクニカル指標で移動平均線の上下にダイナミック(動的)に変化するバンドを表示した代表的なテクニカル指標のひとつです。

ボリンジャーバンドが登場する前はバンド系の指標といえばエンベロープのようにスタティック(静的)な固定されたバンドが一般的でした。しかし、スタティックなバンドの場合、通貨ペアや時間枠が変われば、そのバンド自体の幅を変化させる必要があります。エンベロープを例にあげると、ドル円日足の場合、1〜3%程度の幅が適当ではありますが、それでも状況の変化に合わせてバンド幅を変えて見てあげる必要があります。さらに時間枠を1時間足、5分足と短くした場合にはもっと少ないパーセントにしないとチャート分析自体が成り立たなくなってしまいます。

(MARKETSPEED FXドル円・日足・エンベロープ20期間)

一方、ボリンジャーバンドはバンド幅がダイナミックに変化するため、単一のパラメータで全ての通貨ペア、時間枠に対応することが可能です。ダイナミックに変化させるため、ボリンジャー氏は著書の中で「20日単純移動平均線の上下に±2σ(シグマ、標準偏差)のラインで構成されるバンドを表示させる」と述べています。具体的な計算式には触れませんが、標準偏差を使うことで、一定期間(20日間)におけるデータの集まり(それぞれの終値)が平均値からどれくらい散らばっているのかを考慮したバンドを表示することが出来るわけです。

(MARKETSPEED FXドル円・日足・ボリンジャーバンド20期間)

このように、ボリンジャーバンドは為替相場における「トレンド」と「ボラティリティ」を示すテクニカル指標となっています。

次に標準偏差についても簡単に触れておきましょう。ボリンジャーバンドで使われる標準偏差は±2σを中心に、±1σと±3σを併用して使われることが多く、Market Speed FXでもデフォルトで3つの標準偏差によるボリンジャーバンドが表示されています。この3つの標準偏差は、正規分布で言えば以下のような信頼区間となります。

±1σ = 68.26%
±2σ = 95.44%
±3σ = 99.74%

20日間における±2σのボリンジャーバンドであれば、約95%の終値が上下のバンド内に収まっていると考えられます。しかし、これはあくまでも過去20日間ということで将来の価格が収まるということを示しているわけではありません。価格がバンドの位置にあるからといって、単純に買われ過ぎ、売られ過ぎというわけではないため、この点は勘違いしないようにしておきましょう。

つまり、価格とバンドとの位置関係を定義すると、価格が上側のバンドに位置している時、価格は相対的に高いことを意味し、価格が下側のバンドに位置している時、価格は相対的に低いことを意味しているということになります。

今回は初回ということでボリンジャーバンドの概念的な説明となりましたが、次回以降にボリンジャーバンドの具体的な読み方をする際、概念的な部分をきちんと押さえておくと理解が深まりますので今一度、ポイントをまとめておきます。

第1回のポイント

  • ボリンジャーバンドは、「トレンド」と「ボラティリティ」を示す。
  • ボリンジャーバンドと価格の位置は、価格の「相対的な高低」を示す。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください第1回ボリンジャーバンドとは

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

第1回ボリンジャーバンドとは

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。