人気ブログすぽさん投資ぶろぐを運営するすぽさんは、個別株で大きな利益を上げている個人投資家のひとり。当初は中国株をメインにしていましたが、リーマンショック後、日本株に切り替え、以来「高成長」「ビジネスモデル」「割安」の3つを軸に置いた中長期投資を行っています。2018年6月に約20年間勤務した会社を辞め、専業投資家として歩み始めたすぽさんに、投資を始めた経緯や投資戦略について聞きました。

 

5年4カ月で資産10倍を達成!

──ひと口に投資ブロガーといってもインデックス派から個別株派までさまざまな方がいらっしゃいます。今日は「個別株派の代表」としてお話をお聞かせください。すぽさんは2011年から毎月ブログでポートフォリオと投資成績を公表なさっています。2011年11月の時点から何倍に増えたかがひと目で分かるようになっていますが、2018年10月の成績を見ると9倍になっています。7年で9倍はスゴイですね。

 実はすでに10倍まで到達しているんです。たしか2017年の2月だったと思います。

──ということは5年4カ月で資産10倍を達成された?

 はい。投資を始めたときは、5年で2倍に増やせたら御の字かな、と思っていたので、自分としては想定外でした。

──ただ、その後は少しマイナスぎみ?

 2017年2月以降も悪くはなかったんです。ずっと10倍から11倍の間を推移していましたし。ところが、この10月に保有銘柄のうちのいくつかが大幅に下落しまして。結果、久しぶりに10倍を切りました。

──10月は日経平均株価もかなりダウンしましたし、皆さんけっこう痛手を受けたようですね。

 まあ、長く株をやっているといろいろありますからね(笑)。ずっと右肩上がりなんてあり得ません。実際、これまでも何度か痛い目に遭っていますし。だから、今回も特に焦りというのはなくて、今はちょっと我慢のときかなと思っています。

──投資を始めたころの話を聞かせてください。最初に株を買ったのは2011年ということでいいんですか。

 いえ、その5年ほど前になります。僕は新卒で、IT系大手企業に就職したのですが、入社7~8年目、30歳のとき、会社が企業型確定拠出型年金(DC)を導入しました。ただ、そのときはまったく投資に関心がなかったので「インデックスとアクティブと、どっちを選ぶ?」と会社側に聞かれて、「なんとなくイケてそうだからアクティブで!」と言葉のノリで選んだくらいです(笑)。

──印象とは違いましたか?(笑)

すぽさんが感銘を受けた本。「特に、邱永漢さんの『損をして覚える株式投資』はお勧めです。邱永漢さんからは、株式投資・お金との向き合い方全般を学びました」

 はい、まったく(笑)。ただ、それをきっかけに、投資関連の情報をなんとなく見るようになりました。特に、投資に興味を持つ大きなきっかけになったのは、当時はやっていた、ロバート キヨサキさんの『金持ち父さん・貧乏父さん』。さらに「お金の神様」と呼ばれていた故・邱永漢(きゅう・えいかん)さんの本で、ドン、と背中を押されたように思います。こうした本を読むうち、株式投資とは何かがなんとなく分かってきて、よし、自分も挑戦してみようと。当時はまだ独身で、ある程度貯蓄もあったので、使う予定が特になかった300万円くらいを元手に始めました。

──初めて購入した株を覚えていますか?

 たしかシダックスだったと思います。カラオケが好きだったので、株主優待目当てで(笑)。ただ、その後は日本株ではなく、中国株ばかり買うようになりました。

──いきなり中国株ですか?

 ぶっちゃけ、邱永漢さんの影響です。著書の中で「中国にはこれから伸びる企業が無数にある、日本企業よりもそれらの企業の株を狙ったほうが成功しやすい」と推していらっしゃいました。

──当時、中国企業の情報を入手するのは簡単でなかったのでは?

 そうですね、日本語の情報源としては中国株サイトが一つか二つあったくらい。あと中国株の掲示板もありましたけど、10日に1度くらいしか書き込みがなく、あまり役には立たなかったですね(笑)。