facebook twitter
荒れる株式市場、どうすれば?個人投資家の5つの行動パターンと退場リスク
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

荒れる株式市場、どうすれば?個人投資家の5つの行動パターンと退場リスク

2018/11/1
・行動パターン1:とにかく我慢する
・行動パターン2:値下がりしている株を買い向かう(ナンピン買い含む)
・行動パターン3:投げ売りする
・行動パターン4:空売りして利益を狙う
・行動パターン5:いつもと変わらずルール通り行動
・重要なのは「退場させられないこと」
facebook twitter メールで送る 印刷

 日本株の乱高下が止まりません。さらなる株価下落を心配する声も多い一方、逆に安く買えると喜んでいる人もいるようです。
一体、どのような行動をするのがよいのでしょうか?行動パターン別に検証していきます。

 

行動パターン1:とにかく我慢する

 最も多いのは、短期間の株価急落に対応できず、何も動くことができなかった、という方だと思います。

 保有株が大きく値下がりし、中にはかなりの含み損を抱えているものもあるが、すでに今さら売るつもりにもなれず、「持っていればきっと再び上昇するだろう」と我慢して持ち続ける、というパターンです。

 また、もともと長期保有を前提にしている方の場合は、どんなに株価が下落してもそれを我慢して持ち続けることで、長期的には報われるという考え方もあるようです。

 いずれにせよ、このパターンの場合、我慢して持ち続けた結果、上昇に転じればよいですが、そうならずに大きく下落したときに、大きな含み損を抱えた塩漬け株が大量に発生し、身動きがとれなくなる恐れがあります。

 

行動パターン2:値下がりしている株を買い向かう(ナンピン買い含む)

 逆張りをする個人投資家の方に多いパターンです。株価が大きく下落すると、割安になったとして買い向かうというものです。
アナリストやストラテジストが、株価が大きく下落するときは逆張りの買いを推奨するケースを見かけます。

 また、積極的に買い向かうのではなく、保有している株が値下がりしたため、仕方なくナンピン買いをする、という方も少なくありません。

 しかしこのパターンは、パターン1と同様のリスクがあります。買い向かった後で株価が反発すればよいですが、そうならずにさらなる下落となった場合、大きな損失を被る危険性があります。

 

行動パターン3:投げ売りする

 株価が短期間に大きく下落すると、下落に耐えられずに投げ売りをする、という方が増えてきます。特に、信用取引で買った株が大きく値下がりしている場合に多いパターンです。

 これは、信用取引の正しい使い方ができていないことに原因があります。信用取引は原則6カ月という短期間での決済を求められます。でも、6カ月以内に株価が上昇するのを待っていると、上昇せずに時間切れ、というケースが多々生じます。

 さらには、信用取引の場合レバレッジがかかっているため、買値から30%以上下落すると追い証(証拠金の追加差入れ)が発生し、強制決済されるケースが目立ってきます。その結果、投げ売りせざるを得なくなってしまいます。

 株価が大きく値下がりして投げ売りするくらいなら、下落を始めた初期段階で損切りして、小さい傷で済ませておくべきです。信用取引で大失敗しないためには逆張りではなく順張りを用い、かつ適切な損切りの実行が必要です。

 

行動パターン4:空売りして利益を狙う

 アグレッシブな個人投資家の方は、空売りして利益を狙うというケースもあります。確かに、明確な下降トレンドになれば、株価が値下がりを続けているわけですから買うより売る方が利益を得ることができます。

 空売りも信用取引の1つですから、注意すべき点は信用買いとほぼ同じです。上昇トレンドの銘柄を逆張りするのではなく、下降トレンドの銘柄を順張りで空売りし、上昇トレンドに転じたら速やかに損切りをする必要があります。

 下落相場が長期化すれば、空売りはかなり有効なツールになります。空売りにはリスクもありますので、無理に実行する必要はありませんが、中級者以上の方であれば戦略の1つに加えておいてよいでしょう。

 

行動パターン5:いつもと変わらずルール通り行動

 株価が急落したからと言って特に普段と対応を変えることなく、いつもどおり自身の決めたルールに従って淡々と行動する、という方もいると思います。筆者はまさにこのパターンです。

 筆者は、10月25日の株価大幅下落のとき、すでに保有株の大部分を売却済みでした。なぜなら、多くの銘柄がすでに下降トレンドになっていたからです。
 株価急落にはいくつかパターンがありますが、今回は日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)といった株価指数の急落が起こる前に、すでに下降トレンドに転じている個別銘柄も多かったです。したがって、下降トレンドに転じたものから順次売却をしていった結果、10月25日の時点では保有株がかなり少なくなっており、小さな損失で済みました。

 

重要なのは「退場させられないこと」

 以上、代表的と思われる5つのパターンを見てきました。やはり株価が大きく値下がりするときに第一に考えるべきは「大きな損失を出して退場させられるのを避ける」ことです。このことを前提に考えれば、大きな損失を出さないためにはどんな行動をすればよいか、どんな行動はしてはいけないのか、自ずと見えてくるはずです。

 株式投資の手法にはいろいろあり、それぞれに考え方がありますが、筆者個人的にはパターン1~3の手法は、大きな損失を被る危険性が高いと思っています。ですからそれらを実行することはありません。

 株価が急落したとき、「そろそろ下げ止まる」と思ってもそうならないことが多々あります。下げ止まらずさらに大きく下落する、という最悪の事態をも想定して戦略を立てる必要があります。

 筆者は、株価が大きく値下がりすることで致命的な損失を被り、失意のもと株式マーケットから退場させられる個人投資家を数多く見てきました。
 下げ相場になったら利益を得るのはあきらめ、損失が生じるのは当たり前と考え、その損失を最小化することに心血を注ぎましょう。その意味で、気持ちの切り替えができるかどうかが大事です。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください荒れる株式市場、どうすれば?個人投資家の5つの行動パターンと退場リスク

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

荒れる株式市場、どうすれば?個人投資家の5つの行動パターンと退場リスク

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。