人気お笑いコンビ、「キャイ~ン」の天野ひろゆきさんのインタビュー中編。今回は、株の売買のコツをお聞きしました。

株の取引は自己との葛藤

――前回は応援している会社の株を買っているという話でした。聞きにくいのですが、利益は出ていますか?

 初期のころに買った銘柄は上がっているはずです。それでも、思ったほどではないですね。100年に一度の大暴落=100年に一度の投資のチャンスという自分の感覚を信じて、そのまま持っていたら、もっと利益が出ていたはずです。

――売買を繰り返しているのですか?

 人間の心理って、何なんですかね。じっとしていられなくて動かして(売買して)しまうんです。値上がりしたら喜ぶのではなくて、不安になって売りたくなる。面白い心理ですね。

「株の売買タイミングは難しい」と話す天野さん

 買った株が上がって、このあたりで売ろうと考えた値段に到達したときに、なぜか売る機会を逃してしまう。そうすると下がる。次に上がったときは絶対に売ると決めて、先の値段まで戻ると、もっと上がるだろうと考える。この不思議な人間の心理は、投資をしなかったら知ることがなかった。まあ、知らなくても良かったけど(笑)。

 

――買うよりも売るほうが難しいですよね。

 だからいずれAI任せになると思う。機械は冷静に判断して実行してくれるから。でもみんながAI任せになったら、そう相場はどんな動きになるのだろう? 

――天野さんもAI任せにしますか?

 AIをどこまで信じていいのか分からないから、たぶん……。

――天野さんはしませんね(笑)

自己責任は、大事です

 いや、「自己責任」で行動することが好きなんですよ。AI任せで損失が出てもAIを怒るわけには行かないし、責任を取るわけでもないでしょ。だからAIの時代になっても投資も自己責任なんですよ。無理矢理買わされるわけではないから。