66年前の今日…

1962(昭和37)年10月22日

キューバ危機、米ソ開戦リスクに動揺

米国がキューバのミサイル基地を発見→米国が海上封鎖→ソ連が撤去に同意、という一連の出来事が13日間という短期間で起こった

 今から66年前の1962年10月22日、ソ連の親密国キューバへのミサイル基地建設が判明し、J.F.ケネディ米大統領が海上封鎖を実施すると発表しました。米ソの対立は深刻化し、世界は核戦争の恐怖に震えました。

 キューバは1959年の社会主義革命後、ソ連に急接近。1962年には軍事同盟を締結し、ソ連から資材を搬入して核ミサイル基地の建設を始めました。米国本土がミサイルの射程内に収まるものでした。

 米国は10月14日にミサイル基地建設現場を空撮。写真解析でソ連製核ミサイルの存在が判明すると、同月22日にケネディ大統領がキューバ封鎖を発表しました。しかし、武器や基地建設用の資材を積んだソ連の輸送船は、米国がカリブ海の公海に設定した封鎖線を目指して航行を続け、軍事衝突は現実味を増していきました。

 こうした中、米ソは水面下で衝突回避に向けた妥協点を模索し、接触を重ねました。最終的にソ連のフルシチョフ首相がキューバ行きの輸送船に帰還を命じ、最悪の事態を回避しました。

 

1962年10月22日の日経平均株価終値は

1,255円57銭

算出開始後「10月22日」の日経平均株価は前日比で

値上がり:22回

値下がり:33回