「ラクしてちょい稼」特集TOPへ

日本株:前編(ワクワク)中編(投資生活)後編(クチコミ)

 

日本株 クチコミ掲示板

日本株についての疑問を大募集。

楽天証券経済研究所の土信田 雅之(シニアマーケットアナリスト)が、みなさんの疑問を解決します!

 

 

クチコミ1

株の指標PERの使い方が知りたい

投資歴半年
30代男性
購入価格50万円

 株の指標のひとつにPER(株価収益率)がありますが、株価の判断には、どのように役立てればいいのでしょうか。

土信田アドバイス

 PER(株価収益率)とは、企業の稼ぐ力(利益)を株価と比較したものです。株価は直近の利益だけでなく、将来稼げそうな利益の期待も織り込んで行くため、通常は株価の上昇に伴ってPERの値も上昇していきます。

 株価が下落した際に、「PERが下がって割安感が出てきた」といった話をよく耳にしますが、PERが期待によって上昇した後に低下しているわけですから、すでに「ひと相場終えた」状況で、さらにPERが低下する可能性があります。そのため、PERが底を打ち、再び上昇し始めたタイミングでの購入がより安心といえます。

 

クチコミ2

日経平均株価に一喜一憂してしまいます。

投資歴6カ月
30代女性
購入価格40万円

 日経平均株価が盛り上がっているときに、株を購入。株主優待品も手に入れて、楽しいのですが、日経平均株価の上げ下げに保有株が連動して動く気がして一喜一憂してしまいます。

土信田アドバイス

 日経平均株価などの株価指数は、日本株市場全体の温度感を示します。株価指数が上昇してムードが良くなれば、個別銘柄も上昇しやすくなるといえますが、両者は必ずしも同じ様な動きをするわけではありません。

仮に、日本経済がイマイチだったとしても、海外で稼いでいる日本企業についてはその株価が上昇することは特に珍しくありません。楽天証券では個別銘柄に関するニュースをチェックすることができますので、そちらもご活用ください。

クチコミ3

何を信じればいい?

投資歴未経験
40代男性
購入価格50万

 銘柄選びのためのデータは何を見て、検討すればいいですか?

土信田アドバイス

 

 ニュースや業績動向など、株式投資を行う上で知っておきたいデータはたくさんありますが、株価指標についてはぜひ押さえてください。具体的には、PBR(株価純資産倍率)やPER(株価収益率)と呼ばれるものです。

 一般的に株価は会社の価値を表すとされていますが、会社の価値は保有している資産価値と稼ぐ力の事業価値に分けられます。株価を資産価値で比べたものがPBR、事業価値で比べたものがPER。要は会社の価値を株価と比べて割高か割安かを探る目安になります。また、企業は資産を使って事業を行い、利益を生み出します。この関係を表したものがROE(自己資本利益率)です。

 

日本株についてギモン大募集!

 投資の疑問に答えるために日本株のギモンを募集します。下記リンクのコメント欄にご記入ください。随時クチコミ掲示板に掲載していきます。

【ギモンを送る】 

 

▼続けて読む

市場平均より上を目指せ!ワクワクの日本株とは?

日本株の投資生活まるわかり!

別のクチコミを見る

「ラクしてちょい稼 投資デビュー」特集TOPへ