facebook twitter
株式投資の基本「低PER銘柄は割安」を疑え。PER10倍で上がる株、下がる株の見分け方
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

株式投資の基本「低PER銘柄は割安」を疑え。PER10倍で上がる株、下がる株の見分け方

2018/8/10
・今でも根強い「低PER」信仰
・「低PER=割安」なのは本当?
・株価が上昇する低PER銘柄の特徴とは?
・いくら増収増益の低PERであっても
facebook twitter メールで送る 印刷

「低PER(株価収益率)=割安」は株式投資の常識。でも、低PERでも株価が上昇するものとそうでないものがあります。その違いは一体どこにあるのでしょうか?

 

今でも根強い「低PER」信仰

 読者の皆さんは、どのような基準で銘柄選びをしていますか?株価が割安かどうか、という切り口から投資対象とする銘柄を選んでいる方も多いと思います。

 株価が割安かどうかを示す代表的な指標が、「PER(Price Earnings Ratio)」です。株価が1株当たり予想当期純利益の何倍の水準かを表すもので、「株価収益率」と訳されます。PERの数値が小さいほど株価が割安とされます。一般的にはPERが15~20倍が適正値と考えられています。

 例えば1株当たり当期純利益が100円、株価が3,000円のA社のPERは3,000円÷100円=30倍です。1株当たり当期純利益が100円、株価が800円のB社のPERは800円÷100円=8倍と計算されます。

 単にPERの数値のみで比較すれば、A社よりもB社の株価の方が割安、と判断されます。このことは初心者向けの株式投資の教科書には必ず書いてありますし、投資情報サイトや雑誌でも「PERが10倍を切っているから割安」として投資を推奨する専門家も数多くいます。

 

「低PER=割安」なのは本当?

 しかし、不思議なことに、PERが高いA社の株価は上昇を続け、PERが低いB社の株価は全く上昇しない……という現象がしばしば起こります。なぜ、そのようなことになるのでしょうか?

 最も大きな理由は、B社は今後業績が伸びない、もしくは悪化すると投資家が予想しているからです。いくらPERが低くても業績が伸びなければ、株価はなかなか上昇しません。筆者の投資経験からいえば、業績が横ばいの銘柄の妥当なPER水準はせいぜい10倍程度です。今後業績の悪化が見込まれる銘柄であれば、10倍を大きく割り込むこともあります。

 ですから、低PER銘柄ランキングの上位のものを片っ端から買ったり、スクリーニングで低PER銘柄を探して買っても、株価が上昇しないことが多いのです。

 

株価が上昇する低PER銘柄の特徴とは?

 低PER銘柄の株価の動きをみると、面白いことに気づきます。株価が順調に上昇しているものと、株価がさえない動きをしているものの両方が存在しているのです。
 同じ低PER銘柄なのに、なぜ株価の動きが異なるのでしょうか?

 例えば、不動産関連株や商社株には、PERが低く、10倍を割り込んでいるものが数多くあります。これは、不動産関連株であれば景気や不動産市況、商社株であれば資源価格や為替レートといった不確定要素があるため将来の業績が読みにくく、予想とは大きくかけ離れる可能性が高いからです。そのため、PERが高くなるまで株価が買われることはなかなかないのです。

 とはいえ、そんな中でも実際に増収増益を続けている銘柄であれば、低PERであっても株価は上昇していきます。

 1株当たり当期純利益が50円→70円→90円、と推移している株であれば、PERが10倍程度までしか買われないとしても、株価は500円→700円→900円と着実に上昇していくのです。
 実際、PERが7倍程度しかないにもかかわらず、何年もの間、増収増益を続けている銘柄の株価が6年間で20倍にまで上昇した、というケースもあります。

 低PERの銘柄をみつけたら、次に業績が増収増益になっているかどうかをチェックするようにしてみましょう。

 

いくら増収増益の低PERであっても……

 では、増収増益の基調であり、かつ低PERの銘柄であれば、株価が値下がりしていても保有を続けて問題ないでしょうか? 人により考え方は違うようですが、筆者は保有を続けるべきではないと思っています。

 株価は将来の業績を織り込みながら動くものです。増収増益の予想が出ているとしても、株価が値下がりを続けている銘柄は、実際に株を売りたい人が多くいるという現れですから注意しなければなりません。

 実際、決算短信や会社四季報で増収増益の業績予想が出ているにもかかわらず、株価が下落することはよくあります。

 株価の方が業績の悪化をいち早く察知して値下がりする一方、業績予想の下方修正が発表されるまでにはかなりタイムラグがあるため、PERは低いのに株価が下落する、という現象が生じるのです。

 こうした銘柄については、増収増益予想かつPERが1桁と、どう考えても株価が割安にみえる状況で株価が天井をつけることもしばしば生じます。
 ひとたび株価が天井をつければ、その後は長期間株を保有するほど株価が値下がりし、含み損が膨らんでしまうことになります。

 そうした事態を避けるためには、低PERかつ増収増益の予想であっても、株価が上昇トレンドのときのみ保有するようにし、下降トレンドに転じたら速やかに売却する必要があります。

 いかがでしょうか。増収増益を続けている銘柄を探すこと、そして株価が下降トレンドになったら保有を避けること……。これらの工夫をするだけで、単にPERの数値のみをみて銘柄を選ぶよりも格段と投資成果が向上するはずです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください株式投資の基本「低PER銘柄は割安」を疑え。PER10倍で上がる株、下がる株の見分け方

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

株式投資の基本「低PER銘柄は割安」を疑え。PER10倍で上がる株、下がる株の見分け方

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。