しんた:高校2年生。中学からお年玉のお金で運用をしているインテリ高校生。クイズ研究部の部長

 

ひな:しんたの同級生。クイズ研究部の部員

 

 

手数料ってなに?

ひな:しんた君さぁ、〔4〕どうやってファンドを選んだらいいの?で教えてもらった「ロボットアドバイザー」ってやつ、やってみたよ! いろいろやってみたら、3つのファンドが選ばれたんだけど、どうすればいい?

しんた:僕だったら、「利回り」から「手数料」をひいた「手取り」を比較して決めると思うよ。

ひな:え?なに? なんなの?

しんた:これみて。

利回り・・・ファンドが運用して得られた運用実績の利回り
手数料・・・ファンドにかかる手数料
手取り・・・ひなちゃんの「手」元に残る「取り」分。経費控除後利回りとも言う

ひな:ファンドにかかる手数料って、この間、販売手数料ってやつ、発見したんだけど、それのこと?

しんた:それも手数料。だけど、それだけじゃないんだ。それでは、クイズ!
ファンドの手数料は、大きく分けて3種類あります。ひとつは、販売手数料。ファンドを買うときの手数料です。では、あとの2種類は、どんな手数料でしょうか?

ひな:えー、訳が分かんないよー。えっとー、買うときの手数料って、ヒントっぽいから、売るときの手数料!

しんた:正解! では、もうひとつは?

ひな:うーん…。買うとき、売るとき、と来たから…、儲かったとき!

しんた:むむ。不正解だけど、確かに税金がかかるね。いいセン行ってる。正解は、ファンドを買うとき、ファンドを売るとき、と来たら、もうひとつは、ファンドを持っているときなんだ。

ひな:聞いただけで嫌になってくる。

しんた:ファンドを買うときが「販売手数料」売るときが「解約手数料(信託財産留保額)持っているときが、「信託報酬」

ひな:3つも手数料取られるの!?

しんた:信託報酬は毎年かかるんだけど、販売手数料と解約手数料は、売買するときだけだよ。だから、一般的に手数料、っていったら、信託報酬のことを言うんだ。あとね、いまどき、解約手数料(信託財産留保額)を取るファンドは、だいぶ減ってるんだって。それから、販売手数料は、ゼロから3%くらいまで幅が広いみたい。

ひな:へー。

しんた:販売手数料は、3%でも最初にかかるだけだから、10年持ち続けたら、1年当たりは0.3%になるよね。毎年一定割合かかる信託報酬とは簡単に足し算がしにくいんだ。

ひな:よく分かんないけど、なんとなく分かってきた。

しんた:だから、僕だったら、手数料の安いやつを選ぶと思うよ。ひなちゃんは、マイナスになりたくないんだよね? ロボットアドバイザーは、ひなちゃんに利益率が低い(リスクも低い)商品を選んでくれると思うから、あんまり手数料がかかると、手取りが少なくなっちゃう。

ひな:そっか。