facebook twitter
配当利回り4%!「ダウの犬」型・日本株ファンドの作り方
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

配当利回り4%!「ダウの犬」型・日本株ファンドの作り方

2018/5/17
・「ダウの犬戦略」とは
・ダウの犬を日本株に輸入しよう
・実際にポートフォリオをつくる
facebook twitter メールで送る 印刷

 今日は投資額356万円と103万円の「好配当利回りファンド」を日本株でつくる方法を解説します。米国で一時有名になった「ダウの犬戦略」を使います。

「ダウの犬戦略」とは

 米国で有名になった投資手法はきわめてシンプルです。

ダウの犬戦略の投資方法

(1)NYダウ採用銘柄(30銘柄)を配当利回りの高い順に並べ、上位10銘柄を選びます。その10銘柄に等金額投資します。

(2)1年後に、もう一度NYダウ採用の配当利回り上位10社をスクリーニングします。1年前に投資した銘柄で、上位10社から外れた銘柄を売却し、代わりに新規に上位10社に入った銘柄を買います。

(3)その後も1年ごとに、上記の方法でリバランス(銘柄入れ替え)を続けます。

 たったこれだけのシンプルな投資方法で、NYダウを上回るパフォーマンスを挙げられる割合が高かったため、「ダウの犬戦略」は有名になりました。

≫≫トウシルの最新記事はこちら

 

ダウの犬を日本株に輸入しよう

 このシンプルな方法は、日本株にも応用可能です。

 NYダウは米国に上場する時価総額の大きい銘柄30から構成されます。日本で言えば時価総額上位30社は「コア30」と言われる指数を構成する銘柄ですが、この中から配当利回りの高い10銘柄を選べば、「ダウの犬」と同様の戦略を取ることができます。5月15日時点でいえば、以下10銘柄がそれに該当します。

東証1部コア30採用銘柄のうち、配当利回り上位10社 

NO コード 銘柄名 業種 配当利回り 最低投資額(円)
1 7201 日産自動車 自動車 5.0% 113,350
2 2914 日本たばこ産業 食料品 4.9% 304,300
3 7751 キヤノン 電機 4.2% 378,200
4 9437 NTTドコモ 通信 3.9% 280,550
5 4502 武田薬品工業 医薬品 3.8% 475,700
6 8411 みずほFG 銀行 3.7% 20,150
7 8316 三井住友FG 銀行 3.7% 464,300
8 8058 三菱商事 商社 3.6% 319,600
9 8031 三井物産 商社 3.5% 197,600
10 9433 KDDI 通信 3.4% 295,300

出所:配当利回りは、1株当たり年間配当金(今期会社予想)を5月16日株価で割って算出。キヤノンのみ1株当たり年間配当金は楽天証券予想

 

実際にポートフォリオをつくる

 それでは上記の10銘柄を使って、実際にポートフォリオを組んでみましょう。

 完全に10銘柄に同額を投資することはできないため、なるべく等金額になるようにつくったのが以下のポートフォリオです。全体の金額は約356万円です。このポートフォリオの平均配当利回りは4.0%です。

東証1部コア30銘柄からつくった「ダウの犬」ポートフォリオ(平均配当利回り4.0%)

NO コード 銘柄名 株価 投資株数 投資金額 投資比率
1 7201 日産自動車 1,133.5 300 340,050 9.6%
2 2914 日本たばこ産業 3,043.0 100 304,300 8.6%
3 7751 キヤノン 3,782.0 100 378,200 10.6%
4 9437 NTTドコモ 2,805.5 100 280,550 7.9%
5 4502 武田薬品工業 4,757.0 100 475,700 13.4%
6 8411 みずほFG 201.5 1,500 302,250 8.5%
7 8316 三井住友FG 4,643.0 100 464,300 13.1%
8 8058 三菱商事 3,196.0 100 319,600 9.0%
9 8031 三井物産 1,976.0 200 395,200 11.1%
10 9433 KDDI 2,953.0 100 295,300 8.3%
        合計 3,555,450 100.0%

注:楽天証券経済研究所が作成。株価は5月16日

 次に、非課税で投資できるNISA(少額投資非課税制度:年間の投資利益の非課税枠は120万円)で投資できるように、投資金額を120万円以下に抑えてつくったのが、以下のポートフォリオです。このポートフォリオの平均配当利回りは4.1%です。

ダウの犬ポートフォリオから、103万円で買えるように銘柄を絞ったポートフォリオ(平均配当利回り4.1%)

NO コード 銘柄名 株価 投資株数 投資金額 投資比率
1 7201 日産自動車 1,133.5 100 113,350 11.0%
2 2914 日本たばこ産業 3,043.0 100 304,300 29.5%
3 8411 みずほFG 201.5 600 120,900 11.7%
4 8031 三井物産 1,976.0 100 197,600 19.2%
5 9433 KDDI 2,953.0 100 295,300 28.6%
        合計 1,031,450 100.0%

  注:楽天証券経済研究所が作成。株価は5月16日

 上記はあくまでも一つの例にすぎません。投資額や期間を考えれば、他にもさまざまな投資の組み合わせが可能です。

 投資信託で「好配当利回りファンド」を選んで買うのもいいですが、まとまった資金があるなら、こんなふうに自ら「手作りファンド」をつくるように、個別銘柄を買うのも悪くないと思います。

 投資信託を保有すると信託報酬(ファンドから差し引かれる管理手数料)がかかりますが、自分で個別銘柄を保有すれば、信託報酬はかかりません(売買手数料は必要です)。長期(5~10年)で資産形成を考えるならば、こんなポートフォリオで投資して、長期保有するのもいいと思います。

▼著者おすすめのバックナンバー

5月10日:日本株から「もしバフェ銘柄」を探す

4月18日:好配当利回りの参考銘柄 「初心者はまず割安株から」と考える理由

3月29日:「10万円以下」で買える、好配当利利回り株のえらび方

▼他の新着オススメ連載

今日のマーケット・キーワード:『株式価値向上』の取り組みが進む日本企業

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

2018年9月株主優待祭
NISAつみたてNISAロールオーバー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください配当利回り4%!「ダウの犬」型・日本株ファンドの作り方

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

配当利回り4%!「ダウの犬」型・日本株ファンドの作り方

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
2018年9月株主優待
 
お宝優待株
 
投資の日
 
10万円株
人気記事ランキング
デイリー週間月間
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
投資の失敗
 
人気ブロガー
 
トウシル1周年特集
老後破綻
 
動画でわかる
 
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
ふるさと納税
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。