facebook twitter
海外からみた日本経済、イケてる?イケてない?(1):雇用とデフレと経済成長
トウシル編集チーム
特集記事

海外からみた日本経済、イケてる?イケてない?(1):雇用とデフレと経済成長

2018/6/21
・Q1 日本は魅力的な国なのでしょうか?
・Q2 そうは言っても日本はデフレですよね?
・Q3 外国人労働者に雇用を奪われていませんか?
・Q4 日本経済の成長には最先端技術が欠かせませんよね?
・Q5 日本型経営とアメリカ型経営、なにが違いますか?
facebook twitter メールで送る 印刷

少子高齢化が進む日本。デフレが続く日本経済。「日本の将来はなんだか暗そうなのに、海外投資家は日本株を買っている。それはなぜ?」 トウシルのキカが抱いた素朴な疑問に、日本在住歴30年のエコノミスト、イェスパー・コールさんが答えてくれました。(以下敬称略)

はじめまして。イェスパーさんは日本語がとてもご堪能ですね。今日は質問を10つ用意してきました。さっそく、一問一答で取材させてください

[Q1] 日本は魅力的な国なのでしょうか?

A. もちろん。私は23歳の日本人に生まれ変わりたい。

え、23歳の日本人に!?

キカ:本当は世界がうらやむ最強の日本経済」(プレジデント社)を拝読しました。高校生レベルの経済知識しかない私でもわかりやすく、スイスイ読めました。さて、日本からみて、アメリカは資本主義国のお父さんというイメージなのですが、今のアメリカは裕福層と貧困層に二極化しているそうですね。一歩先を行くお父さんがそんな状態で日本の将来は暗い感じがします。

イェスパー:OH! そんなことはないですよ。なぜなら、私はもし生まれ変わるとしたら、大学を卒業して就職したばかりの「23歳の日本人」になりたいと思っています。米国の就職活動は激戦です。フルタイムの仕事はなかなか見つからない。母国のドイツも米国と同じ状況です。でも、日本人は恥ずかしがり屋さんだから、自分の国が「天国」とは思わないし言わないよね。

キカ:自分で自分のことを褒めるのは苦手です…。

それで、日本のなにがそんなに魅力的なのでしょうか?

イェスパー:そうでしょ。ここで投資の話へ戻すと、なんとなく日本の将来は暗そうとか、日本企業は世界で勝てないかもと思うのではなくて、データを見て判断をしなければだめです。失業率などの雇用の状況、正社員か非正規かという雇用の質、3%の賃上げ目標……というように日本の明るさを示すデータはたくさんあります。

データ出典:イェスパー・コールにて作成

 キカ:データをみると、個人資産の中央値の高い国はオーストラリア、英国に続き、日本なのですね。米国よりも高いのには驚きました。ですが、日本は100万ドル以上の裕福層が2.0%しかおらず、1万ドル以下の貧困層も9.0%と少ないですね。

イェスパー:YES。つまり、日本はお金持ちも少なければ貧乏で苦しむ人も少ない、ミドルクラスの国だといえます。米国、フランスは、日本より格差が深刻なのです。


[Q2] そうは言っても日本はデフレですよね?

A. 良いデフレと悪いデフレがあります。

根拠のないイメージ先行の悲観論はやめましょう

キカ:日本は長い間、デフレが続いているでしょ。

イェスパー:デフレは悪いことですか?

キカ:デフレとはモノの値段が下がり、お金の価値が上がることですよね。そうするとみんなモノを買わなくなり、企業が利益を得られなくなり、私たちの賃金や雇用に悪影響を与えるのではないですか。そういう悪い状況をデフレスパイラルと呼ぶのでしょう?

イェスパー:チョットマッテクダサイ! メディアではCPI(消費者物価指数)のマイナスがクローズアップされていますが、私は原油高や為替変動のような海外から受ける影響を除いた国内のサービス業の料金に注目しています。サービス業に限定したCPIを見ると、ほぼ横ばいです。インフレではないし、デフレスパイラルに陥っているわけでもない。

データ出典:イェスパー・コールにて作成

キカ:心地よいデフレなんですね。

イェスパー:だからすべてのデフレが悪いとは思いません。ただ賃金(所得)の下落は悪いデフレです。去年の所得を100とすると今年は90、来年は80と下がっていくようでは不安だし暗い気持ちになります。実際に1995年から2013年まで、賃金を金額で表す名目所得が全体的に下がっていたから暗い気持ちになったのですよね。でも今は賃金が伸び始めています。物価も少しずつ上昇しています。日本経済はデフレと別れを告げて好循環に入ったと言えるでしょう。
 

[Q3] 外国人労働者に雇用を奪われていませんか?

A. 人手不足が深刻化しており雇用の需要に供給が追いついていません。

日本は少子化で働き口も少なくなってくるのでは…?

キカ:国内では外国人労働者の姿をよく見るようになりました。

イェスパー:コンビニではよく見ますね。

キカ:外国人労働者の進出で、日本人が働く場が減っている気がします。

イェスパー:チョットマッテクダサイ! 正規雇用と非正規雇用という視点で見てください。外国人労働者が日本人の雇用を奪っているわけではありませんよ。国内の人手不足が深刻化しています。労働参加率(※1)のグラフを見ると、2013年あたりから急に上昇していることがわかります。それは雇用が増えていることを示しています。ところが企業のデマンド(需要)が増えているのに、人口減少により働き手というサプライ(供給)が減っている。だから企業は非正規雇用の人を正規雇用に転換しようとしています。おかげでコンビニのようなところでは人手が足りなくなり、外国人労働者に働いてもらっているのです。 

※1 労働参加率は生産年齢人口(15歳~64歳)に占める労働力人口の割合。
データ出典:イェスパー氏にて作成

 キカ:たしかに。労働参加率のグラフを見ると、日本とは逆に米国は下がり続けています。

イェスパー:しかも米国の約8割が非正規労働者です。

キカ:だからトランプ大統領は国内の雇用にこだわっているのですね!

イェスパー:そう。トランプが選挙で勝った意味がわかるでしょう。


[Q4] 日本経済の成長には最先端技術が欠かせませんよね?

A. 最先端技術は国家プロジェクトにしないと難しい。

国家プロジェクトに

キカ:今は景気が回復していても、これからの成長に欠かせないAI(人工知能)のような最先端技術で後れをとっている気がします。

イェスパー:AIは日本の文化には合いませんね。AIを発展させるためには知見を企業内に囲い込まずに「オープン」である必要があります。良い悪いは別にして、日本企業はオープン化が苦手です。例えば三菱系列と三井住友系列がオープンになって接続されればネットワーク効果が期待できますが、それは無理ですよね。そこでグローバル競争で勝つためには、個々の企業に任せず、国家プロジェクトにする必要があるでしょう。

国家プロジェクトに!

キカ:どのような国家プロジェクトですか?

イェスパー:金融の世界でいえば、ブロックチェーン(※2)の技術を発展させて、グローバルスタンダードを作ることです。日本のメガバンクは個別にブロックチェーンに投資をしていますが、それでは絶対にうまく行かない。メガバンクが連携して、日本銀行がバックアップして、国家戦略として「アジアコイン」をつくるべきです。

※2:ブロックチェーンはインターネットなどのオープンなネットワーク上で金融取引や重要データのやりとりを可能にする高い信頼性を持った技術。
 

[Q5] 日本型経営とアメリカ型経営、なにが違いますか?

A. アメリカの経営が株主の利益をワンターゲットで追求するのに対して、日本はマルチターゲットです。

日本型経営は「売り手よし、買い手よし、世間よし」

キカ:日本型経営は、ターゲットが複数あるということですか?

イェスパー:YES。日本型は、株主の利益も追求しますが、それだけではなく従業員や取引先、消費者といったステークホルダーの利益をバランスよく確保していきます。

昔、近江商人は「売り手よし、買い手よし、世間よし」の三方よしを実践していたと聞きました。その伝統は、今の日本のビジネスにも息づいています。だから資本主義が暴走せずに、経済や社会が安定を保っているのです。

キカ:近江商人って、イェスパーさんとても日本ツウですね!

イェスパー:世界のアナリストたちは、アメリカ型の経営が限界にきていることをよく知っています。かといって、いまさら資本主義を捨てるなんてできません。悩んだ彼らがいま注目しているのが、日本型経営なのです。


◎今回答えてくれたのは?

 

イェスパー・コール

1961年ドイツ生まれ。80年、レスター・B・ピアソン・カレッジ・オブ・ザ・パシフィック卒。86年ジョン・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院で国際経済学修士を取得。

京都大学、東京大学の研究員を経て89年、S.G.ウォルバーグ証券会社日本経済担当チーフ・エコノミストに就任。メリルリンチのチーフジャパンアナリスト、J.P.モルガン株式調査部長などを歴任し2015年、世界で運用資産残高630億ドルを超えるウィズダムツリー・ジャパン最高経営責任者(CEO)となる。政府の委員会メンバーとしても活躍。

 

 

 

著書は「本当は世界がうらやむ最強の日本経済」(プレジデント社)など多数。

 

 

◎トウシル関連記事


世界の投機家が円を好む理由

3月の日銀短観:日銀の緩和バイアス、保守的な利益予想、設備投資の質改善

ディープバリューと保守的な業績予想により、日本株のEPS上昇サプライズ

「ジャパン・ディスカウント」貿易戦争:バリューの罠にかかっているか

さよならアベノミクス? 拙速は禁物

イェスパー・コール 連載「エコノミストが見た、投資のヒント

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください海外からみた日本経済、イケてる?イケてない?(1):雇用とデフレと経済成長

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

海外からみた日本経済、イケてる?イケてない?(1):雇用とデフレと経済成長

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。