facebook twitter
「ライトニング・ネットワーク」実現の進捗状況は?
フィスコ
知っておきたい仮想通貨
ちゃんと、もっと、さらに、いまさら? 知っておきたい仮想通貨(ビットコイン)

「ライトニング・ネットワーク」実現の進捗状況は?

2018/4/24
・ライトニング・ネットワークに「Segwit」実装は必須
・ビットコイン最大手の取引所がSegwitを実装
・開発が進むライトニング・ネットワーク
facebook twitter メールで送る 印刷

ライトニング・ネットワーク実現へ向けて

 ビットコインは、ライトニング・ネットワークを実装することで得られるメリットがあります。それが「スケーラビリティ問題」です。

「スケーラビリティ問題」は目や耳にしたことのある人も多いと思いますが、ビットコインのブロック容量の問題のことを指します。ビットコインの取引情報(トランザクション)を記録するブロックチェーンの容量には限りがあり、取引量が増えると取引時間が非常に長くなってしまったり、取引手数料が高くなるなど、ビットコイン本来の特長が削がれてしまうことになります。ライトニング・ネットワークは、この問題を解決し、現在のビットコインよりもさらに高速で安価な取引を実現する解決策として期待されています。

 

ライトニング・ネットワークに「Segwit」実装は必須

 その解決策として期待されている技術が「Segwit」です。Segwitとは、ビットコインの処理能力を向上させる技術で、取引サイズを圧縮し、ブロックサイズはそのままで取引データをより多く収納できるようになります。

 加えて取引データの一部(署名部分)をメインのブロックチェーンではなく、サイドチェーンに分離して管理することで、悪意の第三者によるデータの改ざんを防ぐことができます。
また、メインのブロックチェーン上で行う送金や取引がブロックチェーンの外(オフチェーンと呼びます)で行うことができるようになり、ひいてはライトニング・ネットワークの下地作りや基礎固めができるのです。

 

ビットコイン最大手の取引所がSegwitを実装

 実をいえばビットコインには2017年8月にすでにSegwitが導入されています。けれども、ビットコインを扱う企業や取引所が、技術的な問題などの様々な理由からSegwitを活用した取引がなかなか普及しませんでした。ライトニング・ネットワークはSegwit実装ありきのため、実際に利用されないことにはその進捗は望めません。

 しかし、2018年に入り、ついに米国の大手仮想通貨取引所兼ウォレット企業であるCoinbaseがSegwitに対応しました。世界で最も多くのビットコインユーザーを抱えるCoinbaseによるSegwitの導入は、鈍かったSegwit普及の呼び水となることが期待されています。

 さらに2018年2月には、ビットコインのメインクライアントとして多くの取引所やウォレットサービスが利用しているBitcoin Core(ビットコインコア)の最新バージョン「Bitcoin Core 0.16.0」がSegwit完全サポートでリリースされました。これにより、ウォレットサービスのプロバイダなどからSegwitの普及がさらに進むことが期待されています。

「より速く・より安く・マイクロペイメント(少額決済)が可能」になるライトニング・ネットワークの実現化へ向けて、2018年4月時点で、大きな前進が見られている状態です。

 

開発が進むライトニング・ネットワーク

 ライトニング・ネットワークの技術開発を行っているライトニング・ラボは、開発者向けに「ライトニングデーモン(lnd)」をリリースしており、そこで利用試験を行っています。開発に際しての資金調達には、ツイッター創業者ジャック・ドーシー氏、ライトコインのクリエイターであるチャーリー・リー氏など、仮想通貨業界のそうそうたる顔ぶれが参加しており、ライトニング・ネットワークへの期待値の高さがうかがえます。

 ライトニング・ラボは、今後もさまざまな機能を実装させる予定で、一般ユーザー向けのデスクトップアプリやモバイルアプリも開発中とのこと。今年中とはいえないまでも、一般のビットコインユーザーがライトニング・ネットワークを利用できる日もそう遠い未来のことではなさそうです。

「より速く・より安く・マイクロペイメント(少額決済)が可能」になるライトニング・ネットワークの実現化へ向けて、Segwitの普及と、またライトニング・ネットワーク開発の前進という二つの側面から、足元大きな前進が見られている状態です。2018年中に、さらなる進展が期待されているといえるでしょう。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

NISAつみたてNISAロールオーバー
人気ブロガー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください「ライトニング・ネットワーク」実現の進捗状況は?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

「ライトニング・ネットワーク」実現の進捗状況は?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
投資の日
 
投資の失敗
 
人気ブロガー
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
はじめよう株主優待生活
 
老後破綻
 
トウシル1周年特集
動画でわかる
 
ふるさと納税
 

 
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。