つみたてNISAの最大の魅力

2018年にスタートした「つみたてNISA」。徐々に生活者の間に関心が高まりつつあります。年間40万円の非課税投資枠と聞くと、何だか迫力は今一つにも感じられますが、毎月最大3万3,000相当の積立投資として見れば、決して少額とは言い切れません。これを20年続ければ合計800万円の投資を累積することになり、将来への資産形成の糧としては結構な金額になります。

 一回で800万円を投資にまわすのは、相当な勇気と決心が必要です。しかし、それを20年間、毎月コツコツと定時定額で投資していく積立方式であれば、まとまった資金がない人でも長期投資に参加できるのが「つみたてNISA」の最大の魅力です。

 

活かしきれない残念な行動

 ところがこれまで積立投資を始めた少なからぬ人たちが、積立の効用を損なう残念な行動をとってしまっているという現実を、「つみたてNISA」に参加する皆さんは予め知っておくべきでしょう。積立投資の効用のひとつとして、相場の値動きに翻弄されない投資行動が挙げられます。毎月少額ずつ、同じリズムでコツコツと投資資金を積み上げていくこの方法なら、値動きに左右されず、泰然自若と投資を続けられるはずですが、やっぱり積立を始めた途端に相場を気にする人が後を絶たないのです。

 積立投資は価格が下がったら安く買い付けることができるので、長期投資では途中で値下がりすることは決して悲観することではありません。しかし、相場の下落が続いてくると、弱気になって積立金額を少なくしたり、積立をやめてしまったり、ついには積み立てた金額を全部解約して損失を実現させてしまう。一方で、価格が上がったら上がったで、欲望が顕わになり、利益確定とばかりあっさり投資全額を売却してしまう。いずれにしても、途中の値動きで長期投資を終了させてしまう人が後を絶たないのです。2年と経たず積立をやめて売却してしまう人もおり、本当に残念に思います。