お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
つみたてNISA、途中でやめる残念な人
中野晴啓
デメリットもチェック! 失敗しない つみたてNISAのはじめかた講座
2018年1月からはじまる「つみたてNISA」。「どんな制度?」「メリット・デメリットは?」と素朴な疑問から、かしこい使い方までお伝えします。はじめての投資にもおすすめです。

つみたてNISA、途中でやめる残念な人

2018/4/3
・つみたてNISAの最大の魅力
・活かしきれない残念な行動
・つみたて投資「継続は力なり」
facebook twitter 印刷する

つみたてNISAの最大の魅力

 「つみたてNISA」がスタートして3カ月。徐々に生活者の間に関心が高まりつつあります。年間40万円の非課税投資枠と聞くと、何だか迫力は今一つにも感じられますが、毎月最大3万3,000相当の積立投資として見れば、決して少額とは言い切れません。これを20年続ければ合計800万円の投資を累積することになり、将来への資産形成の糧としては結構な金額になります。

 一回で800万円を投資にまわすのは、相当な勇気と決心が必要です。しかし、それを20年間、毎月コツコツと定時定額で投資していく積立方式であれば、まとまった資金がない人でも長期投資に参加できるのが「つみたてNISA」の最大の魅力です。

 

活かしきれない残念な行動

 ところがこれまで積立投資を始めた少なからぬ人たちが、積立の効用を損なう残念な行動をとってしまっているという現実を、「つみたてNISA」に参加する皆さんは予め知っておくべきでしょう。積立投資の効用のひとつとして、相場の値動きに翻弄されない投資行動が挙げられます。毎月少額ずつ、同じリズムでコツコツと投資資金を積み上げていくこの方法なら、値動きに左右されず、泰然自若と投資を続けられるはずですが、やっぱり積立を始めた途端に相場を気にする人が後を絶たないのです。

 積立投資は価格が下がったら安く買い付けることができるので、長期投資では途中で値下がりすることは決して悲観することではありません。しかし、相場の下落が続いてくると、弱気になって積立金額を少なくしたり、積立をやめてしまったり、ついには積み立てた金額を全部解約して損失を実現させてしまう。一方で、価格が上がったら上がったで、欲望が顕わになり、利益確定とばかりあっさり投資全額を売却してしまう。いずれにしても、途中の値動きで長期投資を終了させてしまう人が後を絶たないのです。2年と経たず積立をやめて売却してしまう人もおり、本当に残念に思います。

つみたて投資「継続は力なり」

 そもそも値動きを予測して相場に挑むのであれば一気に買って勝負すべきで、積立投資を選択する必然性はありません。積立投資は、明日からの相場動向や値動きは事前に知ることができないから、上がっても下がっても関係なく淡々と同じリズムで投資を積み上げ、長期的に見れば、平均レベルでの買付に回帰していく性質を活用しているのです。そして、
長期的な投資対象の成長による増大した価値からリターンの分配を受けて資金が育つのを目指すことにその合理性があるのです。長期に亘って投資を継続することを目的化した時の、相場や値動きに対し堅牢な心持でそれを実践するための手段として、積立投資の有効性が発揮されるのです。

 「つみたてNISA」はその仕組みの通り、積立投資でしか参加できません。20年の非課税期間という意図を理解すれば、20年間投資を継続させることを目的化し、相場の値動きに翻弄されないための積立であることもしっかり得心した上で、ゆったりのんびり長期投資家としてこの制度に参加して欲しいのです。やはり「継続はチカラなり!」コツコツ進んでまいりましょう。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいつみたてNISA、途中でやめる残念な人

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

つみたてNISA、途中でやめる残念な人

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
フレッシャーズ
 
タイムトリップ
 
動画でわかる
 

 

 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。