facebook twitter
仮想通貨界の「基軸通貨」、ビットコイン。その地位は揺るがないのか?
フィスコ
知っておきたい仮想通貨
ちゃんと、もっと、さらに、いまさら? 知っておきたい仮想通貨(ビットコイン)

仮想通貨界の「基軸通貨」、ビットコイン。その地位は揺るがないのか?

2018/3/28
・ビットコインは仮想通貨の「基軸通貨」
・取引におけるビットコイン価格の影響
・ビットコインはこのまま「基軸通貨」でいられるのか
facebook twitter メールで送る 印刷

ビットコインは仮想通貨の「基軸通貨」

 仮想通貨と言えば即座にビットコインを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

 ビットコインが仮想通貨の主役である理由は、最初に作られた仮想通貨であること、また現在1,500を超える数が存在する仮想通貨の中でも依然として時価総額が最大であることなどが挙げられますが、もうひとつの理由として仮想通貨の中の「基軸通貨」の役割を果たしているということも大きな要因です。

「基軸通貨」とは、法定通貨では、国際金融取引等で基準として採用されている通貨のことです。時代によって変わってきましたが、世界経済の中で主導的な役割を果たす国の通貨になることが多く、第二次世界大戦以降は名実ともに米ドルが基軸通貨となっています。

 仮想通貨では、ビットコインが取引の基準通貨の役割を果たしています。多数存在するアルトコインは、ビットコイン建てで購入(取引)することが基本的には可能。言いかえると、ビットコインを持っていればほとんどの仮想通貨が取引可能なのです。さらに、アルトコインを日本円やドルなどに換える場合、アルトコインをいったんビットコインに換えその後、各法定通貨への換金をおこなうという方式を取る人が多数です。このように、ビットコインは仮想通貨取引のあらゆる場面で大きな需要を持つ仮想通貨なのです。

 

取引におけるビットコイン価格の影響

 アルトコインの取引の際に重要になる価格は、海外の取引所では基本的にビットコイン(もしくはイーサリアム)とペアで表示されますが、日本の取引所では円建てで表記されているため、それを基に取引を行っている人も多いのではないでしょうか。

 しかし、ここに注意が必要です。仮想通貨の円建ての価格は基軸通貨の役割を果たすビットコイン価格を元に計算されています。そのため、特にアルトコインの場合、取引しようとしているコインの価格が円建て価格で変動したら、それはビットコイン価格の変動による影響によることが多いのです。

 円建てばかりを見ているとビットコイン価格の変動に気付かない恐れがあります。そのため、ビットコインそのものの価格は円建てで見ていてもいいのですが、他のアルトコイン価格はビットコイン建てで見ることで、市場の変動を敏感に察知できるようになります。

 

ビットコインはこのまま「基軸通貨」でいられるのか

 今現在、その価値や地位は揺るがないと思われるビットコインですが、時代や国際経済を取りまく環境により法定通貨の基軸通貨が変化してきたように、これからの仮想通貨が置かれる環境によっては、ビットコインに代わる仮想通貨が基軸通貨として台頭してくることは大いに考えられます。実は、今まさに基軸通貨が移動しようとしている最中なのではないかという声もあるほどです。

 ビットコインは優れたシステムを持つ仮想通貨ですが、需要の多さに処理能力が追い付いていないなど、課題や問題も増え続けています。加えて、ビットコインの持つ課題を解決する新たな仮想通貨が生まれてきています。

 その中でも将来的にビットコインに代わる存在となるのではないかと言われている仮想通貨に、ビットコインキャッシュやイーサリアムがあります。イーサリアムは、すでにICO(Initial Coin Offering)では中心的な通貨となっています。

 しかし、ビットコインのブランド力は依然として強力なものであることには違いなく、ドミナンス(支配力)は40%を維持しています(3月23日現在、Coinmarketcapより)。
今後、ビットコインに代わるような仮想通貨が現れるのかどうか、市場の動きを注視していく必要がありそうです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください仮想通貨界の「基軸通貨」、ビットコイン。その地位は揺るがないのか?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

仮想通貨界の「基軸通貨」、ビットコイン。その地位は揺るがないのか?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
世界のリスクを総点検
 
投資の失敗
TOP100ランキング
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。