今回の格言

「卵は一つの

籠(かご)に盛るな」

どんな格言?

リスクのとり過ぎは禁物

相場格言であり、「資産運用の王道」を表す言葉。
欧米で古くから言われる「Don’t put all your eggs in one basket.」を日本語訳したものだ。

「卵を1つの籠に盛ると、その籠(かご)を落としたときに全部割れてしまう可能性がある。複数の籠に盛っておけば、そのうち1つの籠を落としても、他の籠に盛られた卵からやがて“ヒヨコ”が生まれ鶏(にわとり)に育つ可能性がある」との意味。

【投資の世界では】
1つの個別銘柄、1カ国の市場(マーケット)に、1つの資産(たとえば、株式だけ)に集中投資するのは、それだけリスク(リターンのブレ)を取ることでもある。リスクを抑えたければ、分散投資(バランス運用)するべき。これは、投資や資産運用のセオリーだ。

【わかりやすい例】
「この銘柄に投資をすれば儲かる」と思えるのは自信があるからだろう。とはいえ、投資資金のすべてを1銘柄に注ぎ込むのはリスクが大きすぎる。

予想が当れば利益は大きいが、外れると損失も大きい。株式投資でたとえるなら、自動車メーカーだけに投資するより、リターンとリスクのタイミング(値動きなど)が自動車と異なることが多い薬品メーカーと合わせて投資したほうが、リスクを分散(抑制)できる可能性がある。