facebook twitter
「新春講演会2018」しの&キカ&みや編集員が潜入レポートします
トウシル編集チーム
特集記事

「新春講演会2018」しの&キカ&みや編集員が潜入レポートします

2018/2/7
・今年こそ新しいジブン宣言
・新春講演会2018とは?
facebook twitter メールで送る 印刷

今年こそ心機一転!目指せ☆新しいジブン宣言

みや:もうすぐ春だし、心機一転。何かはじめたい気分ですね。

キカ:私は断然ダイエット!今年こそ-5kg達成したいな…みやちゃんは?

みや:(そういいながらキカちゃんアイスクリーム3つも食べてるし…)私は前から考えていた資産運用デビューしたいです!

キカ:(ドキッ!やるじゃない…私もまけてられないわ)いい心がけよ。一緒に資産運用の勉強をスタートしましょう。

みや:はい!目標かなえたいです。でも…次のアクションはどうすればいいのかな?

しの: (隣でホットヨガ中のしのが瞑想から目覚め、2人に告げる)……あら、それなら2018年1月20日に楽天証券の「新春講演会2018」があるので参加してみたらどう? 私がナビゲートしますよ。

2人:ぜひ、取材させてください!

 

「新春講演会2018」に個人投資家4,000名強が集結! 


キカ:パシフィコ横浜が会場とは、大規模なカンファレンスなんですね。

しの:毎年1月に開催してるんですよ。

みや:それにしても寒い~。早く館内に入りましょう。
 

白熱のメイン会場では豪華なスピーカーが登壇

キカ:メイン会場はすでに大勢のお客様で席が埋められていて、圧巻ですね!まるでコンサートみたい。

しの:今回は4,000名以上ものお客様にお越しいただてます。

みや:竹中平蔵氏に、ジャーナリストの田原総一郎氏に、証券界のリーダーたちによるパネルディスカッションと、すごい豪華な講演者ですね!

キカ:投資初心者の私でも理解できるか不安だな…

しの:それなら、経済研究所の窪田による「2018年日本投資戦略」をきくといいですよ。

みや:日経平均株価がなぜ上がっているのか気になっていたので、私取材してきます!

各ブースにて、お客様と触れ合うスタッフたち 

(写真上段左)お客さまでにぎわうメインブース(写真上段右)iDeCoやNISAなど節税効果についてのパンフレットもご用意(写真中段左)iSPEEDブースでは、リニューアル後の操作方法についてたくさんのご質問をいただきました。(写真中段右)楽天証券経済研究所・トウシルブースでは、お客様の投資情報のアンケートを実施しました。↓ アンケート結果をみる ↓

キカ:純金ブースでは本物の黄金プレートが展示されていました! 実際に手にもってみると重みがずっしり。サイズはボールペンよりやや小さいですが、ペットボトル1ℓくらいあるそう。こんなに重いなんて!怪盗ルパン3世が盗んでも運び出せないはず…と心配している横で警備員さんがしっかり見張ってくれていました。 続いてはミニセミナーへ…。あれ?しのちゃんがいなくなった!?

みや: 「本当にお金が増える投信10本」に選ばれた日本株ファンドの対談を聞きたいので、とりあえず行きましょう!

 

アットホームなミニセミナー会場


キカ:あ、しのちゃん! 今日はスピーカーだったのね。「本当にお金が増える投信10本」ってどんな銘柄が出てくるのかな?

しの:今回は、ピクテ投信投資顧問 日本株運用部長の鈴木 毅さんと、「『本当にお金が増える投信10本』に選ばれた日本株ファンドとは?」というテーマで対談をさせていただきました。実は私、昨年4月に「本当にお金が増える投資信託は、この10本です。」というタイトルで本を執筆しまして、その中で、鈴木さんがファンドマネジャーとして運用されている「iTrust 日本株式 愛称:日本選抜~シェアNO.1企業厳選~」を、「本当にお金が増える投資信託」として取り上げさせていただいたんです。

運用のプロフェッショナルであるファンドマネジャーのお話は、皆さんとてもご興味があったようで、セミナー会場は立ち見が出るほどの大盛況でした!日本株市場の現状、今後の見通し、さらには鈴木さんの注目銘柄まで、会場の熱気に押されて、事前の打ち合わせにはなかったこともたっぷりお話しいただいちゃいました。ライブ=生ならではの盛り上がりで、私自身も楽しませていただきました!

◎セミナーで紹介の書籍:「本当にお金が増える投資信託は、この10本です。」

ピクテ投信投資顧問サイトの当セミナー紹介ページ(外部サイトへいきます)

 

おたのしみの参加型スタンプラリー

しの:会場内のブースに設置されたスタンプを7つ集めると、受付で抽選くじを引くことができます。「当たり」が出たら話題の書籍をプレゼント。ハズレでもオリジナルカイロの参加賞が。今回は、発売前の私の最新刊もご用意しました! 当選者のみなさま、おめでとうございます。

「すいません。先ほどセミナーに参加したのですが、著書にサインしていただけませんか?」と当選者のお客様からお声をいただき、記念に写真もパシャリ。

全員:若い投資家もどんどん増えてきて、うれしいことですね!


◎プレゼント書籍:「新しい!お金の増やし方の教科書」

SBクリエイティブ出版1,512円(税込)著者:楽天経済研究所ファンドアナリスト篠田尚子 

Q1:2017年のあなたの投資成績は?

(フリーコメント)2018年にはじめました、今からやろうと思う、子供が手がはなれてお金もある。有意義に増やしていきたい など
 

2:伸びそうなセクターは?

1位 AI

2位 半導体、米国株

3位 J-REIT ・不動産

 

3:2018年に活躍しそうな経済パーソンは?

1位 トランプ米国大統領

2位 安倍首相

3位 金正恩

(フリーコメント)習近平、ウォーレン・バフェット、三木谷浩、孫正義、黒田総裁、森金融庁長官、メルケル首相、メイ首相 など


最後に記念写真を。これからも経済の学び体験がんばります!


◎登場人物 トウシルマネー女史部

篠田 尚子:楽天証券経済研究所 ファンドアナリスト
慶應義塾大学法学部卒業、早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。国内銀行で資産運用関連業務に従事後、ロイター傘下の投信評価機関リッパーで市場分析担当、ファンドアナリストとして活躍。2013年より現職。最近はライブ鑑賞とホットヨガにはまり中。
キカ:トウシル編集女史
好奇心が強く、ミーハーで知りたがり。投資は未経験だが、ニュースには敏感で、投資についてもっと学びたいと勉強中。最近はラムチョップとスキーにはまり中。 
みや:トウシル編集女史
インドア派で、めんどくさがり屋な新人編集者。今年から投資を始めようと思っている。ストレス発散にネットショッピングがとまらない。最近はタイ料理とアイスクリームにはまり中。

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

NISAつみたてNISAロールオーバー
人気ブロガー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください「新春講演会2018」しの&キカ&みや編集員が潜入レポートします

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

「新春講演会2018」しの&キカ&みや編集員が潜入レポートします

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
投資の日
 
投資の失敗
 
人気ブロガー
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
トウシル1周年特集
動画でわかる
 
ふるさと納税
 

 
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。