facebook twitter
仮想通貨を規制した中国と韓国。市場シェア1位は、なんと・・・
フィスコ
知っておきたい仮想通貨
ちゃんと、もっと、さらに、いまさら? 知っておきたい仮想通貨(ビットコイン)

仮想通貨を規制した中国と韓国。市場シェア1位は、なんと・・・

2017/11/24
・中国・韓国で相次ぐ仮想通貨規制
・規制前の仮想通貨取引の中心は中国
・日本の仮想通貨対策
・シェアを広げる日本円取引
・規制とチャレンジによって変わる勢力図
facebook twitter メールで送る 印刷

中国・韓国で相次ぐ仮想通貨規制

 2017年9月4日、中国の中央銀行である中国人民銀行などの7部署が、仮想通貨を利用したクラウドファンディングの一種であるICO(Initial Coin Offering)による資金調達を違法と判断し、即時停止するとの声明を発表。その後、10月末までに仮想通貨取引所を閉鎖し、人民元での取引中止を実施しました。

 韓国では、9月29日、韓国金融委員会(FSC)が中国と同じくICOの禁止と仮想通貨の証拠金取引(一定の金額を口座に預けそれを担保として取引すること)を禁止することを発表しています。

 

規制前の仮想通貨取引の中心は中国

 1年ほど前まで、中国は仮想通貨取引の世界市場の中心でした。ビットコインの取引通貨シェアでも、人民元は8割以上という圧倒的な割合を誇っていたのです。

 一方、韓国もまた今年の初夏のあたりから取引量が劇的に伸び、韓国国内の取引所での取引量が世界1位を記録することもあったほど、市場で存在感が増していました。

 しかし、中国では詐欺的なICOの横行や当局による人民元流出への不快感、韓国では取引量増大によるハッキング被害の頻発などの問題から、両国政府は規制へと舵を取りました。

 

日本の仮想通貨対策

 規制強化の方向へ進む中国、韓国とは対照的に、日本では2017年4月1日に「改正資金決済法」が施行され、それに基づき9月29日に金融庁による仮想通貨交換業者11社の登録が行われました。これにより、日本での仮想通貨取引は中止や停止という方向ではなく、金融庁監督のもとに顧客の身元確認の徹底やマネーロンダリング対策に取り組んでいくことに。さらに、金融庁は「仮想通貨モニタリング長」というポストを設け、専門チームがICOの対応に乗り出しており、より安全な取引が行える環境へと道を作っています。

 

シェアを広げる日本円取引

 これらの流れを受けて、ビットコインの取引通貨シェアに影響が出ています。11月17現在、日本円建てでのビットコインの取引シェアは59.86%と過半数を占める勢いとなっており、米ドル23.34%、韓国ウォン建て10.88%、ユーロ建て3.55%という数字を見ても、他国や他共同体を圧倒しています(cryptocompare.comより)。

 日本ではビットコインで決済ができる店舗や業種も増えています。一般の消費者にも少しずつ、支払い手段としてのビットコインが浸透してきていることも、シェア拡大に影響しているのではないでしょうか。

 

規制とチャレンジによって変わる勢力図

 さらに日本では、DMM.comやGMOインターネットなどといったインターネット関連企業が、これまでは中国の独壇場と言ってよい状態だったマイニング(ビットコインの新規発行過程)の領域に乗り出すことを表明しました。

 中国では仮想通貨市場での取引規制は行っていますが、マイニングに対する規制はまだ行われていません。電気料金やハードウェアの安さはマイニング環境やツール開発ではいまだに中国が優位な立場といえます。

 しかし、日本の企業のチャレンジにより、市場取引の側面だけでなく仮想通貨全体にかかわる各国の勢力図に変化が起こるかもしれません。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください仮想通貨を規制した中国と韓国。市場シェア1位は、なんと・・・

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

仮想通貨を規制した中国と韓国。市場シェア1位は、なんと・・・

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。