facebook twitter
今の日本株ではどちらが有利?「バリュー」VS「グロース」徹底分析(その1)
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

今の日本株ではどちらが有利?「バリュー」VS「グロース」徹底分析(その1)

2016/4/28
昨今の日本株で顕著になっているのが株価の「二極化」。上がる銘柄はどこまでも上がるものの、そうでない銘柄はてこでも上がらない・・・。そこで今回と次回とで、「バリュー」と「グロース」、2つの投資スタイルを分析し、足元の日本株ではどちらがより有利なのかを探っていきたいと思います。
facebook twitter メールで送る 印刷

昨今の日本株で顕著になっているのが株価の「二極化」。上がる銘柄はどこまでも上がるものの、そうでない銘柄はてこでも上がらない・・・。そこで今回と次回とで、「バリュー」と「グロース」、2つの投資スタイルを分析し、足元の日本株ではどちらがより有利なのかを探っていきたいと思います。

「バリュー投資」と「グロース投資」とは

株式投資をする際、当然ながらどの銘柄に投資するかを選ばなければなりません。その際の選定方法として、大きく分けると2つのスタイルがあります。それが「バリュー投資」と「グロース投資」です。

バリュー投資とは「割安株投資」とも言われ、企業価値と株価とを比較して、株価が企業価値よりも割安と判断される銘柄に投資するスタイルです。株価が割安な時に買い、企業価値が正当に評価されて株価が上昇するのをじっと待つ、というイメージです。

一方のグロース投資とは「成長株投資」ともいわれ、企業業績が年々成長を続けているような銘柄へ投資するスタイルです。企業の成長に伴う株価の上昇の恩恵を受けようというものです。

バリュー投資の着目点はどこにあるのか

バリュー投資で重要なのが、企業の価値と株価との比較です。

企業の価値は、フロー(損益計算書)の面とストック(貸借対照表)の面とで測ることができます。フロー面における1株当たりの企業価値は「1株当たり当期純利益」、ストック面における1株当たりの企業価値は「1株当たり純資産」です。

フロー面で企業価値に比べた株価の割安度を測る指標がPER(株価収益率)です。これは、株価が予想1株当たり当期純利益の何倍かを表したもので、一般的にこの数値が低いほど、株価は割安とされます。

ストック面で企業価値と比較した株価の割安度を測るための指標がPBR(株価純資産倍率)です。これは、株価が1株当たり純資産の何倍かを表したもので、これが1倍を割り込んで低くなるほど株価が割安とされます。

これ以外に、配当利回りにより、株価の割安度を測ることもあります。配当利回りは「1株当たり予想配当金÷株価」で求められます。この数値が高いほど株価が割安であるとされます。

グロース投資の着目点は?

一方のグロース投資で重要なのは、企業の「成長」です。成長度合いを見るための重要なポイントが「売上」と「利益」です。売上と利益が増加すればするほど、高成長であると判断されます。

理想は、売上高と営業利益、経常利益、当期純利益の全てが毎年増加を続けていて、来期以降も増加予想となっている銘柄です。

アベノミクス相場で株価が5倍、10倍になっている銘柄が続出していますが、その多くが毎年増収・増益を達成しているグロース株です。

なお、時折見受けられるのが、売上高は横ばいであるものの、利益は毎年増加を続けているというケースです。しかし、こうした銘柄はグロース投資の際はできるだけ避けるべきです。

売上高は利益の源泉です。売上高が増えないのに利益だけ増やすことにはどうしても限界があります。売上高が増えなければ近い将来利益も頭打ちになってしまうはずです。そうなれば株価も大きく下落してしまうでしょう。

グロース投資であれば、売上高・利益とも増加している「増収増益」の銘柄を選択するのが基本です。

ハイリスク・ハイリターンなのはどちら?

バリュー投資とグロース投資を比べると、バリュー投資の方がグロース投資よりもリスクは小さいですがリターンも小さいという傾向にあります。

これは、株価は長期的にはおおむね企業の業績に連動して動くため、業績が毎年伸び続けているグロース株の方が、株価が大きく上昇することが期待できるからです。

反面、ひとたび成長が鈍化すると株価が大きく下落するため、天井付近で投資した場合適切な損切り等を行わないと大きな損失を被る可能性が高い点に注意が必要です。そのため、グロース投資はバリュー投資よりもハイリスク・ハイリターンであると言えます。

一方、バリュー投資は、すでに株価が企業価値より割安な状態のものを選んで投資しますから、そこからさらに株価が大きく下がるという可能性は小さくなります。その一方、増収・増益が続くわけではないので、企業価値が正当に評価されなければいつまでたっても株価が上昇しないということも少なくありません。

時には「グロース株」かつ「バリュー株」が見つかることも

バリュー投資はPERやPBR、配当利回り、対するグロース投資は増収増益が続いているかどうか、というように、両者は着目するポイントが大きく違います。そのため、基本的にはグロース投資目線とバリュー投資目線とで、選択される銘柄は異なってきます。

ただ、グロース投資目線でもバリュー投資目線でも同じ銘柄がピックアップされることが時々あります。つまり、「高成長」かつ「割安」な銘柄です。これは、マーケット自体が大きく売られているときや、長期的な下降トレンドにあるときに起きる現象です。

例えば、毎年30%の増収増益にもかかわらずPER7倍という銘柄が放置されていたりします。増益率30%であれば、PERが30倍でもおかしくありません。もし、この時点で買って、3年後、PER30倍という正当な評価がなされれば株価は約10倍にまで上昇する計算です。

現に、アベノミクス相場が始まる前はこのような銘柄がゴロゴロしていて、アベノミクス相場によってこうした銘柄の株価が正当に評価されるようになった結果、株価が5倍、10倍にまで上昇した銘柄が続出したのです。

このような、バリュー株かつグロース株は、ローリスクでハイリターンが見込めるお宝銘柄となり得ます。こうした銘柄を見つけたら、10%、20%の利益で満足することなく5倍、10倍を狙っていきたいものです。

次回は、足元の日本株では2つの投資スタイルのどちらが優位にあるのか、筆者が日々ウォッチしている約400銘柄の株価の値動きから見えてきた明らかな傾向について解説したいと思います。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください今の日本株ではどちらが有利?「バリュー」VS「グロース」徹底分析(その1)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

今の日本株ではどちらが有利?「バリュー」VS「グロース」徹底分析(その1)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。