資産1億円を実現した米国株投資とは?

 ここ数年、米国株投資が人気を集めています。今までは日本株オンリーだったが、GAFAMや米国株ETF(上場投資信託)などを買ってみようと考えている人は少なくないでしょう。

 そこで、今年2月に刊行された『英語力・知識ゼロから始める! 【エル式】米国株投資で1億円』の著者であり、米国株投資ブログ『【L】米国株投資実践日記』を運営するエルさんにご登場いただきました。

 エルさんは2015年ごろ、米国株投資を本格化。その後、資産1億円を達成し、2019年に51歳で早期退職を実現しました。まず前編では、米国株を始めた経緯などについて聞きました。

英語力がなくても恐るるに足らず

──昨今、米国株が注目を集めていて、米国株関連の書籍も多く発行されています。エルさんの著書『英語力・知識ゼロから始める! 【エル式】米国株投資で1億円』の副題に「英語力・知識ゼロから始める!」とありますが、英語が苦手でも米国株投資は問題なくできるものなのでしょうか?

 日本ではほとんど知られていないような中小の米国株銘柄を買おうと思ったら、英語が分かったほうが有利かもしれません。

 でも、メジャーな銘柄であれば、いくらでも日本語で情報を入手できますから、英語が読めなくても米国株デビューできると思いますよ。実際、私もそういうポピュラーな銘柄をメインにしています。

──情報量が多い銘柄や、有名な銘柄なら、敷居は高くないということですね。

 はい。むしろ私は、日本株より米国株のほうが始めやすいと思います。例えば日本株の場合は、基本的には100株以上でないと買うことができません。

 でも、米国株はGAFAM(Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft)だろうと何だろうと1株から買えます。

 GAFAMは総じて株価が高いので1株でもそれなりのお金が必要ですが、1万円、2万円という少額で投資できるのは、米国株の魅力の一つだと思います。

──試しに1株買ってみるのもアリ、ということですね。

 もちろんです。少額であれば、万が一、株価が下がっても、損失も少なくて済みます。気軽にスタートできるという点では米国株から投資デビューしてみるのもいいと思いますよ。