登録者23万人を誇る、人気YouTubeチャンネル『めざせ!FIRE 投資・節約・副業 初心者の背中を押すチャンネル』を運営する、ぽんちよさんインタビューの後編をお届けします。

 今回はぽんちよさんが行っている個別株投資について、さらにFIREを目指す人へのアドバイスもお伺いしました。

米国株をメインに個別株投資を行う

──前回、稼いだお金を年5%で運用してFIREを目指すというお話がありました。しかし投資資金が少ない場合、FIREを実現できるのはかなり先になってしまうでしょう。

 その場合、個別株投資で大きく稼ぐという選択肢もあると思いますが、どう思われますか。

 誰にでもお勧めできるのはやはりインデックス投資です。

 個別株投資はリスクが高く、初心者だと資金を増やすどころか減らしてしまう恐れがあります。また、企業の分析などに時間も必要です。

「FIREのための手段」として投資をする人は、投資に割く時間は最小限にして副業などに時間を割くほうが良いと思います。

 なるべく早くFIREを達成したいのであれば、副業に力を入れて月々の投資額を増やすのもアリだと思います。

──ぽんちよさんご自身はインデックス投資よりも個別株投資がメインと伺いました。

 はい、僕自身はインデックス投資をしつつ、より早くFIREしたいという思いから、リスクを取って個別株投資をすることを選びました。

 また、個別銘柄の分析が楽しく、大切な趣味の時間にもなっています。

──なるほど。それでは個別株投資について教えてください。ご友人に勧められて証券口座を開いた後、すぐに取引を始めたのですか。

 はい、すぐに買いました。学生時代の貯金に加え、社会人になってからもボーナス・給料をほぼ使わなかったので400万円くらいありました。

 そのほとんどを株に注ぎ込みました。今思うと、何て無謀なことをしたんだと思いますが……(笑)。

──倹約家のぽんちよさんらしくない気がします(笑)。

 一度、買ってみたらハマってしまい、株を買うのが楽しくてしょうがなかったんです。

 ただし無茶はせず、トヨタ自動車とか大型株しか買っていません。ちなみにたまたま相場がよかったこともあり、成績はまずまずでした。

──失敗経験はありますか。

 新聞か何かで「これからは養殖が熱い!」みたいな記事を読んで、ある水産会社の株を買ったら、その会社の養殖事業が失敗に終わり、ソンしたことがありました(笑)。

──今はどのような銘柄を保有されていますか。

 ここ1年くらいは米国株を買うことが多いです。米国株は1株でも買えるので、気になる銘柄を見つけたら、とりあえず買ってみます。

 だから米国株だけで50銘柄くらい保有していますが、ある程度まとまって保有しているのは10銘柄程度です。

──少しだけ買うこともあるのですか。

 買おうか買うまいか迷って、買わないとします。それでその銘柄の株価が上がると後悔しますよね。だから、迷ったら少しだけ買うことにしています。

 その後、良さそうだったら追加投資しています。

──あまり良くない銘柄かなと思ったら、すぐに売りますか?

 少ししか保有していないので、万が一、大きく下がっても損失はたかが知れています。だから、その場合もすぐには売らず、様子を見ます。そんなこんなで50銘柄に増えました。

──いくつか保有銘柄を挙げていただけますか。

 アップルにマイクロソフト、テスラ、エヌビディア、台湾セミコンダクターとか。あと、これはインデックスですが、NASDAQ100に連動するETF(上場投資信託)のQQQなんかも保有しています。

──ハイテク銘柄が多いですね。

 僕はもともと理系なので、ハイテク企業のほうが身近に感じられるのかもしれません。銘柄研究していても楽しいです。

 ただ、ハイテク銘柄ばかりだとバランスが悪いので、少し見直そうかなと思っています。

──日本株も保有しているのですか。

 はい、最近は買っていませんが、マネーフォワード、みずほリース、アサヒホールディングス、SREホールディングスなんかを持っています。

──長期保有がメインですか?

 いえ、そうとも限りません。例えば僕は、配当や優待の権利確定月の2、3カ月前に買い、権利確定直前に売るという手法を取ることもあります。

 権利確定日が近づくと買う人が増えるので、株価が上昇することが多いので。

──日本株も米国株も買うし、中長期投資もイベント投資も手掛ける。いろんなことにチャレンジされているのですね。

 1つのやり方に固執すると、それしかできなくなってしまうと思うんです。結果、自分の可能性をつぶしてしまう。だから、今はいろいろ試すようにしています。