若い世代の投資人口が増えている?

 新年度のスタートである4月、将来に向けての資産形成の一歩を踏み出したいと考えている方も多いのではないでしょうか?

 実際、ステイホームが続いた2020年から最近にかけて、20~30代の若い世代で資産形成を目的に投資を始める人が増えています。さらに、その投資額も以前より増えているようです。それはなぜなのでしょうか。

 実は2020年7月に行った調査と比べ、「ある投資方法」の平均デビュー額が、すべての年代で約1,500~2,500円と上昇(※1)。特に20代の平均デビュー額は、約2,600円も上昇し、2.2万円でした。

 この大きな変化は、コロナ禍を機にお金の使い方を見直し、これまで消費に消えていたお金を、将来の資産形成のために使う若い方が増えてきている証しなのかもしれません。

1:2021年3月31日時点の楽天証券におけるお客さまの取引を集計