「つみたてNISA」の平均積立額は30代で2.7万円

 投信積立(投資信託で毎月決まった金額を積立投資)をしている人の「積み立てデビュー額」を年代別の平均で見てみると、20~40代すべての年代で2万円台からスタートしています(※1)。

 このうち、つみたてNISA(ニーサ:少額投資非課税制度)をしている人の「積み立てデビュー額」はというと、いずれの年代も投信積立全体の平均額に比べ、少しずつ高くなっていることが分かります。

 つみたてNISAの非課税枠は年間40万円。これを12カ月で割った約3万3,000円が、毎月の積立上限額の目安になります。つみたてNISAは制度上、未使用の非課税枠を翌年以降に繰り越すことができないため、「年間非課税枠を使い切る」という意志を持って積み立てをしている人が多いと考えられます。

注:2021年3月31日時点の楽天証券積立設定を対象(楽天証券調べ)