これまで「つみたてNISAってどんな制度?」「つみたてNISAのメリットと注意点って?」について書きました。今回は活用法について考えていきます。

 最初に押さえておきたいのは、「制度」ありきで考えないこと。
「つみたてNISA」に関心をお持ちの方は制度を使うのが目的ではなく、稼いだお金の一部を貯蓄や投資を回して、長期的にお金を育てていく(=資産形成を行う)ことが目的ですよね。

 ですから、制度を目いっぱい使うとか、効率的に使おう、と考える前に、まずは家計の現状把握(資産や負債、収支など)や、投資する目的、運用できる期間、投資に回す金額などを整理しましょう。大事なのは、運用方針を明確にした上で、制度をどう使うかを決めることです。

 つみたてNISAに向いているのは、対象となっている投資信託(インデックス投信が中心)を活用して、年間40万円以内でコツコツ資産形成をしていきたい人です(iDeCoや企業型DCと併用して使うとより効果的)。

 この制度は①運用益が非課税、②投資信託の手数料が低い(ノーロード、運用管理費用も上限あり)、③非課税期間が最長20年――という特徴があります。長期で効率的な運用ができるので、金融資産全体で考えると、なるべく期待リターンの高い商品で運用するのが合理的です。

 そもそも、つみたてNISAは「株式に投資する投資信託」か、「株式を含む資産複合型(バランス型)」が対象ですが、長い期間で運用していける人は「株式に投資する投資信託」をメインに据えたいところです。

 

株式を保有していない人は、世界の株の投信を

 これまで世界の株にまとめて投資するには日本、先進国、新興国をそれぞれ購入するか、日本と日本を除く海外(先進国+新興国)を組み合わせて持つ必要がありました。

 つみたてNISAでは、1本で日本を含む世界の株に投資できる商品も対象となっています。
具体的には、FTSE グローバル・オールキャップ・インデックスに連動する投資信託や、MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(MSCI ACWI)に連動する投資信託です。初心者の方からは「複数の投資信託を組み合わせるのは難しい」「面倒」という声をよく耳にします。

 まずはこうした幅広く分散された商品を購入していく方法もあります。

 あるいは、すでに日本株(個別株でも投資信託でも)を持っている場合は、海外の株に投資する投資信託だけを積み立てていくという選択肢もあります。

 たとえば、MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、円ベース)に連動する投資信託なら、1本で先進国と新興国の株にまとめて投資できます。あるいは、MSCI-KOKUSAI・インデックスやMSCIエマージング・マーケット・インデックスに連動する投資信託のように、先進国株と新興国株に投資する投資信託を組み合わせてもいいでしょう。