facebook twitter
『解散総選挙』と実質賃金の意外なカンケイ
清水 俊博
驚くほどカンタンにわかる「もしも」のケイザイ学
経済や投資って、ちょっと苦手という方でも、「もしも●●が起きたら、世の中どうなるんだろう?」とふと思うことがあるはず。これとても大事な瞬間です。この興味をちゃんと掘り下げていくこ…

『解散総選挙』と実質賃金の意外なカンケイ

2017/10/11
・選挙時の日経平均株価の動き
・解散総選挙と実質賃金の関係性
facebook twitter メールで送る 印刷

 矢継ぎ早に決まった10月22日の衆議院の解散総選挙。今回は選挙と株価の関係をみていきましょう。

 

「衆議院の解散・選挙」の日経平均の騰落率の関係性

 まず、「衆議院の解散・選挙」の日経平均の関係性を探ります。過去、衆議院解散を発表してから投票日翌日までの日経平均株価は上昇するケースが多くありました。

 次の表は、騰落率を順位付けしたものです。

衆議院解散発表から投票日翌日までの日経平均株価の騰落率

選挙期間中とは解散発表から投票日翌日までの期間

 確かに過去10回の解散・選挙時の選挙期間中の中で7回株価は上昇しています。その特徴は2005 年(郵政解散)、2012年(民主から自民への政権交代)、2009年(自民から民主への政権交代)に見られるように、大きな変革時に発生する傾向だとわかります。

 逆に、1996 年、2014年、2003年など、解散前に株価がすでに上昇していたケースでは、結局下落するという結果に終わっています。今回の選挙では、現在までに大きな改革の可能性は見えず、株価だけが上昇しているようです。今のところ、このパターンは下落に終わったものと同じです。

 ただし、もしも自民党がプライマリー・バランス(財政の基礎的収支)の改善目標を一時棚上げし、より一層の景気回復に努めるというような大きな変革、強気の政策を掲げるようであれば、海外では日本がいよいよ財政ファイナンスに踏み切ると判断されます。

 少なくとも日本株には好材料と判断され、買いが増えるかもしれません(財政ファイナンスには大きなリスクもありますが、ここではその議論は割愛します)。

 

与党は選挙に勝てるのか

 ところで、本当に与党は選挙に勝てるのでしょうか。
次の表で今までの傾向を見ていきましょう。 

1991年以降の実質賃金の推移(5人以上の事業所。賃金上昇率から物価上昇率を引いたもの)

実質賃金上昇率は四半期ベース前年同期比

 実質賃金は循環的に増加と減少を繰り返していることがわかります。しかし、世帯の経済状況が悪化している時期に選挙をすると、与党に不利に働くという相関関係が見られるのです。

 ちなみに、2017年6月、7月の実質賃金(確報)はそれぞれ前年同月比▲0.1%、▲1.1%とマイナスで推移しており、世帯の経済状況が好ましいとは言えません。

 昨今、Brexitやトランプ大統領誕生のように『まさか』が続いていることや、つい先日のドイツでの選挙でも与党が伸び悩んだ経緯を見ても、自民党はうかうかしていられる状況ではないはずです。

 日経平均株価が堅調である一方で、実質賃金がマイナスの今、与党の議席がどうなるか、ここから株価が上昇できるかは安心できないということを覚えておきましょう。

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください『解散総選挙』と実質賃金の意外なカンケイ

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

『解散総選挙』と実質賃金の意外なカンケイ

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。